キュウリの栽培・育て方(超初心者向け)

キュウリの花
キュウリは種から育てることができますが、キュウリを育てるのが初めてという場合は、苗から育てる方がよいかもしれません。

ホームセンターなどに行くとキュウリの苗を手に入れることができます。

キュウリの苗選びのポイント

良い苗というのは、葉の緑色が濃くて茎が太く、茎の一番下に小さな葉っぱ(子葉)が2枚ついていて、本葉が4・5枚ついているものだそうです。

また、キュウリの苗には、つぎ木と書かれたものもあります。つぎ木の苗というのは、キュウリの苗の下のほうを切って、他の植物の根を合成したものです。

値段は普通の苗と比べるとちょっと高いですが、病気や連作に強くて丈夫に育つので、初心者にはおススメの苗といえます。

kyuuri01

キュウリの育て方

キュウリの植え付け時期(晩霜のおそれがなくなる頃)
一般地:4月下旬~5月下旬
温暖地:4月中旬~5月中旬
寒冷地:5月中旬~6月中旬

キュウリは日当たりの良い場所を好む野菜で、生育温度は26℃~30℃です。

キュウリは一度作った場所の連作は避けましょう。連作すると病気が発生します。プランターの場合は毎年新しい土にしてください。

植えつけの2週間前に石灰をまきます。石灰をまくのは、酸性雨で酸化した土壌をアルカリ性の石灰で中和させ土壌を安定させるためです。その後、良く耕して、土壌に空気を入れてあげます。

植えつけの1週間前に元肥を入れます。キュウリを育てたことのある方は分かると思いますが、キュウリの根は浅く長く伸びていきます。ですから、元肥は土壌全体にまくようにしましょう。

実のなる野菜は全般的に肥料不足に注意が必要なので肥料は多めに入れるのが良いです(特にリン酸を多くする)。

キュウリの支柱の立て方

キュウリはつる性の野菜なので、支柱を立てます。支柱の高さは2mぐらいあると便利です。

支柱を1本立てただけでは、すぐ重さで負けてしまうので、しっかりと補強した支柱が必要です。

支柱の先端より少し下を2本つなげたものを3セット用意し、それの間を通す棒を固定したものが一般に行う方法です。最近では、格子になってるものもあります。

kyuuri02

キュウリを丸いプランターで育てる場合には、土に3本の支柱を立てて、一番上をヒモで結わえる方法が良いです。

脇芽や花、実の成長を促したりする為、植物の大事な成長点(茎の先端等)を切ることを摘心といいます。

支柱の高さまで伸びたら、摘心をして上への成長を止めます。摘心をしないと、つるがどんどん伸びて他の植物に絡みついたりして大変なことになります。

ひと月に2回肥料を行いましょう。1株につきスプーン大さじ3杯ぐらいで良いです。

キュウリは苗の頃に水を与えすぎると根が腐って枯れてしまうので気をつけましょう。

水をたっぷり与えるのは、実がなるようになってからです。実がなり始めた頃に水分が不足すると実が曲がります。
曲がったキュウリ
水やりの時は葉に水がかからないようにすることと泥ハネをしないように注意します。

ハダニが発生しやすいので注意します。発生すると葉が白くなります。

根が浅くはるキュウリは夏の地温の上昇に弱いです。根元の土の上に、敷きわらをすると暑さが防げます。

7月下旬を目途に株を抜きます。根はしっかりと取り除きましょう。