ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

梅雨の時期に行いたい植物の手入れポイントは?

投稿日:2015年6月28日 更新日:

ajisai2015

湿度が高く気温も上がる梅雨時は、植物が蒸れを起こして
病気や害虫が発生しやすくなる時期ですね。

梅雨入り前や梅雨の晴れ間に行いたい植物の手入れポイントを紹介します。

スポンサーリンク




梅雨時の植物の手入れ

植物は梅雨時から一気に生長を始めます。

蒸れやすい時期なので、風通しをよくすることを心掛けましょう。

風通しが悪いと蒸れて株が傷んでしまいますし、
病害虫も発生しやすくなります。

伸び過ぎ、茂り過ぎ、枝がこみあっている、などの植物は、
切り戻したり、間引いたりする必要があります。

【切り戻し】
春に花を咲かせた植物は、ひととおり咲き終わって花数が少なくなります。

草姿も乱れてくる時期なので切り戻しをします。

切り戻しをすることで、株元から新しい芽が出てきて生長し、
枝を伸ばして、また花を咲かせてくれます。

切り戻しが終わったら、ゆっくりと効く元肥と、
虫や病気から守るための薬剤を散布しておきます。

【鉢植え植物の梅雨対策】
軒下など出来るだけ雨が当たらない場所に移動させます。

場所が狭いと詰めておきたくなりますが、
そうすると風通しが悪くなってしまいます。

並べて置くときは少し間隔をあけるようにしましょう。

また、全ての鉢植えを移動させる場所がない場合は、
乾燥を好む植物やと開花中の植物を優先するとよいでしょう。

特に、花びらが薄い植物は雨にあたると花が傷みやすく
病気が発生することがあるので気をつけます。

雨が当たらない場所に移動できない鉢植えは、
棚やスノコ、レンガの上などに置くとよいでしょう。

鉢の下の通気性がよくなって蒸れを防ぐことができます。
また、ナメクジや害虫の被害を減らす効果も期待できます。

【地植え植物の梅雨対策】

・株元のマルチング
強い雨に土が打たれると葉に泥が飛んでしまうことがありますね。

泥は病気の原因になったり、葉の気孔を塞いでしまうことがあります。

マルチングは、泥はね予防のほかに、夏場に土が乾燥するのを
予防するのにも役立ちます。

・草取りと枯れた下葉の除去
雑草が生えていると風通しが悪くなり、株が蒸れやすくなります。

また、枯れた下葉を取り除かないと、そこから病気が発生しやすくなります。

・混みすぎた株は間引く
植えつけた時は離して植えていたつもりでも、
株が大きくなって葉が茂り、混みすぎることがあります。

・草丈が高くなる植物は支柱を立てておく
雨に打たれると倒れてしまうことがあります。
地面に葉がついたままにしておくと
病気が発生しやすくなるので、早めに支柱を立てておきましょう。

梅雨明けの植物の手入れ

強い風雨で植物が傷んでいることがあります。

葉の傷ついたところから病気になりやすいので、
状況に応じて殺菌剤や殺虫剤を散布しておくとよいでしょう。

地面は過湿状態になっています。
水たまりがあれば溝を作って排水するとよいでしょう。

2015年、遅い梅雨入り

kaeru

東北北部の梅雨入りは、平年より13日、昨年より21日遅い6月27日でした。

今年の梅雨は局地的な大雨・豪雨の被害が多くなっているのが気掛かりですね。

ところが、地元では6月に入ってからほとんど雨が降らず、
新聞やテレビニュースにでるくらい極度の雨不足になっています。

そんな中、昨日、ようやく雨が降りました。

昨日から今日の明け方まで、雨が降ったり止んだり、
一時は随分と激しく降ったようです。

カラカラ天気が続いていただけに、この雨は、恵みの雨といえそう。

今週いっぱいは曇りや雨の日が多いそうですから、
これで雨不足が解消されるといいですね。

今日は、午前中、いったん止んだ雨が午後になって再び降り始めました。

気温が一気に下がり、寒いくらいです。

6月28日午後1時現在の気温は、なんと11.6度というからビックリ!!

季節が逆戻りしたようですが、寒いのは今日一日。

明日以降は、再び25度前後まで気温が上がるそうですから、
今日一日、厚手の服を着こんで我慢です。

梅雨が明けると、本格的な夏がやってきます。

高温多湿の日本の夏は、人間も植物も調子を
崩しやすくなってしまうので気をつけていきたいですね。

関連記事
植物の夏の水やり注意点!時間帯と回数は?
夏のガーデニング作業!植物の手入れポイントは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-季節のガーデニング作業
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.