ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

菊(キク)の育て方!植え付け時期と方法は?

更新日:

kiku20131021

菊(キク)の基本的な育て方・摘芯や肥料を与える時期など栽培方法のポイントをまとめています。

一般家庭で菊を地植えや鉢植えで育てて切り花にして楽しみたい初心者向けの内容です。

私が仏花を育てたいと思ってはじめた菊の栽培記録も紹介します。

スポンサーリンク




菊(キク)の特徴・品種

菊の花

菊は、キク科の多年草です。

古くから日本で育てられているお馴染みの植物ですね。

原産地は中国で、奈良時代末~平安時代初めに薬草や観賞用植物として日本に伝わったのだそうです。

当初は身分の高い人々の間で尊ばれた花ですが江戸時代になると庶民も鑑賞を楽しむ植物になったのだとか。

園芸ブームが起こると各地で品種改良が行われるようになり多くの品種が作り出されました。

この時代に作られた品種は「古典菊」と呼ばれています。

品種が誕生した地名をつけた「江戸菊」「嵯峨菊」「肥後菊」などが有名です。

※重陽の節句をご存知ですか?別名「菊の節句」とも呼ばれます。
↓ ↓ ↓
重陽の節句には何をする?意味や由来、食べ物、行事を紹介!

種類・品種

多くの品種があり分類の仕方もいろいろあります。

花の大きさに注目すると

・大菊
・中菊
・小菊

と分けることができます。

開花期に注目すると

・10~11月にかけて咲く秋ギク
・6~7月に咲く夏ギク
・12月以降に咲く寒ギク

という分類の仕方もできます。
そのほか、8月咲き、9月咲きの品種もあります。

また、

和ギク:日本で品種改良が進んだ品種
洋ギク:主にヨーロッパで品質改良されたもの

という分け方をすることもあります。

観賞用だけでなく花びらを食べる品種もあります。

食用菊「もってのほか」は東北地方特産で花も美しく全国どこでも良く育ちます。

「阿房宮」は明るい黄色の食用菊で青森県八戸の特産として知られています。

関連記事
洋菊の種類や品種!ポットマムやスプレー菊の特徴・育て方のポイントを紹介!
夏菊・お盆咲き菊の育て方!摘芯時期と方法は?
スプレーマムとはどんな花?スプレー菊とは違う?育て方や花言葉を紹介!
エディブルフラワー(食用花)とは?種類や特徴は?日本伝統の食用花は何?

菊(キク)の育て方|日常管理

キクの花

菊の育て方は大きく分けて次の2つのやり方があります。
・購入した苗をそのまま植え付けて育てる方法
・届いた苗を親株として挿し芽をして育てる方法

※挿し芽とは生育中の植物の茎や枝を切り取って用土にさして発根させ新しい苗をつくる方法です。

日光を好む植物なので1年を通して日当たりの良い場所で育てましょう。

菊の苗を地植えする場合は事前に土づくりをしておきます。

2~3週間前に植え付ける場所に腐葉土・堆肥・肥料を加えながら耕しておきましょう。

鉢植えの場合は市販の用土を使うと便利です。

地植えの場合、花後は枯れた茎は根元で切り取りましょう。

開花後は根元から10~15㎝残して上部を切り取り緩効性肥料を与えます。

鉢植えは花が終わったら日当たりのよい軒下などに置き凍結させないよう冬越しさせます。

水やり

地植えの場合は特に必要ありません。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

少しずつ何回も水をやったり湿っているのに水をやると根腐れしてしまうので気をつけましょう。

肥料

与える期間は春に新芽が出る頃からツボミが見える頃までです。

ツボミがついたら肥料を与えるのはやめます。

病害虫

病気や虫がつきやすい植物です。

春から秋にかけて、スプレー式の害虫・殺菌剤など月に1回くらい定期的に撒くようにします。

関連記事
菊を摘芯する理由とは?摘芯の意味や適した時期と方法を紹介!
菊の花後の手入れ方法は?来年も花を咲かせるための栽培ポイント!
菊の冬至芽の育て方!株分け・植え替え・さし芽にする方法は?
キクの病気・害虫を防ぐ方法は?(ハモグリバエの被害にあう)

菊(キク)の育て方|植え付け時期

菊は開花する時期によって植え付け時期が異なります。

一般に秋に花を咲かせる菊の場合は4~6月頃までの夏前に植え付けを行うといいでしょう。

◆夏咲き菊の植え付け時期の目安
・7月咲:3月中
・8月咲:4月中

12~1月咲の植え時は7月下旬です。

しかし猛暑になりやすいので梅雨が明ける前(7月上旬)までに植え付けをしたほうがよいでしょう。

複数の苗がある場合は約10cm間隔で植え付けます。

鉢植えは5~7号鉢なら1本、8~10号鉢なら2~3本植え付けます。

菊(キク)初心者の栽培記録

kogiku2012

家族が自宅の庭で育てていた菊の手入れを私が行うことになりました。

とはいっても、実は手入れの仕方が分からないまま、ほったからかし状態なのですが…。

春に新芽が出ても、植え替えもしないでそのまま伸び放題。

それでも、秋に花が咲いてくれるのですから、ありがたいですね。

品種によって育て方の難易度は違うと思います。

でも、基本的に、とても丈夫で放っておいても、それなりに育ってくれる…。

というのが、初心者の私が育ててみた現時点(2007年)での感想です。

写真の菊の名前が分かったのは8年後でした!
↓ ↓ ↓
ポンポン菊の育て方!ピンポン菊やポンポンマムとの違いとは?

2008年以降、小菊・スプレー菊・夏咲き菊など10年以上にわたる菊栽培のあれこれについては別記事で紹介しています。

関連記事
夏菊が大きく育たない理由とは?
キクの摘芯作業2回目!品種で違う回数と時期
8月咲きスプレー菊が咲き始めました【2014年の栽培記録】
夏菊・スプレー菊の開花状況!見頃を迎える【2014年10月】
2015年キクの開花状況とナメクジ食害
お盆咲き菊と秋彼岸用に育てた菊の開花状況【2016年】
キクの新芽(冬至芽)の植え付け作業【2017年】
菊の栽培記録まとめ【2018年】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-キク
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.