ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ナンテンを実生で育てる方法と挿し木で増やす方法は?栽培記録も紹介!

投稿日:

ナンテンの実

縁起の良いナンテンはお正月花の定番植物のひとつですね。

飾ったあとに実から種を取り出して育てることはできるのでしょうか。

今回はナンテンを実生で育てる方法と挿し木で増やす方法をまとめてみました。

実際に種まきから栽培した記録も紹介します。

スポンサーリンク




ナンテンの増やし方【種まきの時期と方法】

ナンテンの実

種を乾かすと発芽率が下がるといわれています。

事前に鉢に土を入れておきましょう。赤玉土か種まき用の土を使います。

手順

・11月頃に熟した果実を採取します。
・果肉と果皮を取り除いて種を取り出します。
・種を水で洗います。
・種まきをしたら明るい日陰~半日陰に置きます。
・発芽するまでは土が乾燥しないよう水やりをします。

ポイント

種は乾燥に弱いので果実から取り出したらすぐにまきましょう。

種まきができない場合は乾かさないように保管して翌年の春にまきます。

発芽後の管理

発芽するのは翌春、あるいは秋です。

芽が出た後も半日陰の場所に置きます。

苗がある程度まで大きくなったら定植して通常と同じように育てましょう。

開花までに4~5年かかります。

ナンテンの増やし方【挿し木の時期と方法】

ナンテンの葉

挿し木に適した時期は、3月中旬から下旬、または9月下旬です。

手順

・鉢などの容器に小粒の赤玉土か鹿沼土を入れて湿らせておきます。
・前年の枝、またはそれ以前の枝を使います。
・枝を15~20㎝の長さに切ります。
・上葉は4~5枚残し、下葉は取り除きます。
・水に1時間ほどつけておきます(水あげ)。
・水あげした枝を用土にさします。

明るい日陰~半日陰で乾かないように管理します。

2ヶ月~3ヶ月ほどで根が出て生長を始めます。

ナンテンの栽培記録【2020年】

正月花のナンテン

年末、お正月用にナンテンを購入すると結構な値段がします。

自宅で育てることができたら節約できていいですよね。

苗木を購入すれば簡単ですが、正月花として飾ったナンテンを活用してみよう…。

挿し木も試してみたいところですが、1月では無理な話。

というわけで、実をとって種まきしてみることにしました。

ナンテンの実と種

種を取り出したところです。

このあと果肉を取り除き、卵パックに100均で購入した種まき用の土をいれて種をまきました。

発芽するのは、早くても春。

1月18日という中途半端な時期に種まきしたので、秋に発芽する可能性が高いかもしれません。

ただ、運よく芽が出ても、花が咲いて実がなるのは、ずいぶんと先の話。

育てる楽しみはあるので気長に待ちたいと思います。

関連記事
ナンテン(南天)の特徴と種類、育て方!実がならない理由とは?
マンリョウの増やし方!種まき時期と方法(実生マンリョウの栽培記録)

2020年1月は記録的に雪が少ない

全国的な傾向のようですが雪が降りません。

歩道に雪がないので自転車に乗って買い物に出かけられます。

気温も平年よりは、若干高め。もしかしたら今冬は真冬日も1日くらいしかなかったかも。

個人的には、雪片付けも屋根雪下ろしもしなくてよいので助かっていますが…。

スキーや、スノーボードなどウインタースポーツを楽しむ人にとっては悩ましいところですね。

2月に開催予定の雪どうろう祭りも雪の量が足りなくて開催できるか気になります。

ただ、このまま雪が少ないまま春になるとは思えません。

2月、3月、ひょっとして4月に入ってから記録的な大雪ということもあるのかも、と思うと心配です。

水不足のこともあるので雪が降る時期には適度に降ってくれないと困りますね。

関連記事
秋の木の実に赤い色が多い理由

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.