チェッカーベリーの特徴と育て方!剪定時期と方法は?

チェッカーベリーの実

チェッカーベリーは冬に可愛らしい赤い実をつける樹木です。

マンリョウやセンリョウよりも実が大きいのが特徴。

一鉢でもインパクトがありますがビオラやハボタンなどと組み合わせても楽しめますよ。

今回は、チェッカーベリーの特徴と剪定時期と方法など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

チェッカーベリーの特徴

チェッカーベリーの白い花

北アメリカ東北部が原産地のチェッカーベリーはツツジ科の常緑低木です。

別名、オオミコウジ(大実柑子)、ゴールテリアとも呼ばれます。

樹高:10~20cm
開花期:6~7月
花色:白
実の観賞期:11~3月
実の大きさ:直径1~1.5㎝

初夏にスズランに似た釣鐘型の花を咲かせ、秋から冬にかけて赤い実がなります。

葉は寒くなると少しずつ緑から赤銅色に変化していきます。

赤い実と紅葉した葉はクリスマスやお正月の花材としても人気があります。

実は食用にはできないので口に入れないように注意してください。

樹高が低く、こんもりと密に茂るのでグラウンドカバーにもオススメです。

チェッカーベリーの育て方

チェッカーベリー

風通しが良く、夏場の直射日光が当たらないような場所が適しています。

半日陰で育てるようにして下さい。

水はけの良い、酸性土壌を好みます。

鉢植えの場合は、鹿沼土や市販のブルーベリー用培養土を使うとよいでしょう。

水やり

根が浅いので夏に水切れを起こして枯れることがあります。

鉢植えの場合、土の表面が乾き始めたらたっぷりと水やりしてください。

回数の目安は、春や秋は1~2日に1回、冬は2~3日に1回、夏は1日に1~2回です。

土の状態を見ながら水やりの回数を調整しましょう。

肥料

花つきをよくするために、4月から5月の成長期に月1回の緩効性肥料を与えます。

秋、涼しくなってきたころにも少量与えておくとよいでしょう。

窒素分の多いものを与えすぎると花つき、実つきが悪くなるので注意してください。

病害虫

害虫がつきにくく病気にもかかりにくいため、特に対策は必要ありません。

植え替え

鉢植えの場合、植えっぱなしにしていると根詰まりを起こしてしまいます。

定期的に植え替えをしましょう。

鉢から取り出したら根をほぐして古い用土を取ります。

ひと回り大きいサイズの鉢に新しい用土を入れて植え付けましょう。

地下茎を伸ばして増えるので混みすぎるようであれば地下茎を切って株分けをします。

適期は春と秋です。木になっている実が全部なくなってからにしましょう。

増やし方

植え替えのときの株分けのほか、さし木でも増やすことができます。

さし木は6月頃が適しています。

10cmほどの長さに枝を切ったら、水を入れた容器にさしておきます(水揚げ)。

数時間経ってから、用土に枝をさしてください。

夏越し・冬越し

高温多湿や強い日ざしが苦手です。夏は風通しが良い半日陰に置きましょう。

寒さに強くマイナス5℃ぐらいまでは耐えます。特に冬越しの作業は必要ありません。

ただし、霜には当たらないように気をつけましょう。

チェッカーベリーの剪定時期と方法

チェッカーベリー

4~5月中には熟れすぎた実を順次切り取ります。

枝が混み合っていたら、風通しをよくするために剪定します。

できるだけ若い枝を残して、古い枝から切り取っていきましょう。

それ以外は、特に手入れをする必要はありません。

さいごに

今回は、チェッカーベリーの特徴と剪定時期や方法など育て方のポイントについて調べたことをまとめました。

大きな赤い実をつけ冬の間たのしむことができるのは魅力ですね。

丈夫で日陰でも育てることができ、手入れも楽といいことずくめの植物です。

ただ、雪が積もる寒冷地では地植えにすると実を観賞することができないのが残念ですね。

冬の間は、鉢植えを室内に取り込んで管理しましょう。

クリスマスやお正月の飾りつけをして玄関に置くのもよいかもしれません。

関連記事
マンリョウ(万両)の特徴と育て方!剪定時期と方法は?
センリョウ(千両)の実がならない!実が落ちる!考えられる理由と対策は?
ナンテン(南天)の特徴と種類、育て方!実がならない理由とは?

タイトルとURLをコピーしました