ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

庭木

ミニバラの育て方!初心者でも育てやすい品種を選ぶコツ!

投稿日:2018年4月17日 更新日:

ミニバラ

ミニバラを育てるなら、可愛い花が咲く品種を選びたいですね。

この記事では、初心者におすすめのミニバラを選ぶポイントや
水やりや置き場所など育て方の基本を紹介します。

スポンサーリンク




ミニバラとは|分類

バラは、樹形で分類すると次の3タイプがあります。

・木立ち性(ブッシュ・ローズまたは木バラ)
・半つる性(シュラブ・ローズ)
・つる性(つるバラまたはクライミング・ローズ)

ミニバラは木立ち性のブッシュローズの仲間になります。

コンパクトな株に小さめの花を咲かせ、多くの品種は四季咲き性です。

花色は豊富ですが、芳香性品種は少ないようです。

場所をとらないので鉢植えで気軽に栽培を始められるのも魅力のひとつですね。

ミニバラの育て方

ミニバラ

日当たりのよい場所に置いて育てます。
ただし、夏は強い日ざしが当たらない場所に移動させます。

苗を鉢に植え付けるときは、市販のバラ専用の土を使いましょう。
自分で土を作るより簡単で安上がりです。

水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。
水を葉や花にかけると傷むので、根元に水をかけるようにします。

春・秋は1~2日に1回。夏は1日に1~2回。冬は2~3日に1回くらいが目安です。

花が咲き終わったら、剪定をします。

次の花を咲かせるためには、その芽より上の花を剪定して切り落とさないといけません。

5枚葉の付け根には花芽があるので、必ず5枚葉の上で剪定しましょう。

10月下旬~11月の花が咲き終わったら、休眠期に入ります。

この時期は、剪定はしません。花ガラを摘む程度にして葉は全て残します。

ミニバラまとめ

普通サイズのバラより、ミニバラのほうが育てやすいという
イメージを持っていませんか?

実は、バラとミニバラの育て方には違いがないそうです。

育て方の難易度は、バラとミニバラとの違いよりも品種の違いが大きいのだとか。

病気に強い品種を選べば、初心者でも簡単に育てられるといわれています。

ミニバラを購入するときは、花の色や香りなど自分の好みを基準に選びたくなってしまいますね。

でも、初心者がミニバラの育て方で失敗したくないなら、
一番大切なのは耐病性のある品種の中から選ぶということかもしれません。

ホームセンターや園芸店でもミニバラは購入できます。

でも、病気に強い品種かどうかは分からない場合が多いのではないでしょうか?

バラ専門店の通販サイトなら、初心者向けのバラが紹介されています。
それを参考に購入するのがよいかなと思います。

以前、母の日に子供からプレゼントされた鉢植えのミニバラを育てたことがあります。

しかし、手入れが不十分で翌年枯れてしまいました。

今度、自分で購入するときは、病気に強い品種を選んで育ててみたいですね。

楽天市場内にある「苗木部」というお店は、
バラ初心者向け情報が充実しているので参考にしています。

関連記事
バラ初心者向けの品種はどれ?栽培しやすい薔薇の選び方!
イングリッシュローズとはどんなバラ?特徴や品種を紹介!
バラの新苗と大苗の違いとは?バラ初心者が育てやすいのはどちら?
オールドローズは初心者でも育てやすい?おすすめの品種は?
モッコウバラの育て方!剪定や誘引方法は?

参考サイト:苗木部|初心者向けバラ

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.