ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

鉢植えアザレアの育て方!冬の室内での管理方法や剪定時期・方法は?

更新日:

アザレアの花

アザレアは、大輪の豪華な花を咲かせる植物です。

冬になるとホームセンターや園芸店でアザレアの鉢植えが出回りますね。

今回は、開花したアザレアの室内での置き場所・水やりといった冬の管理の注意点と剪定・植え替えなど育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




アザレアの特徴

アザレアの鉢植え

アザレアはツツジ科の半耐寒性常緑低木です。

日本や中国のツツジがヨーロッパに伝わり、ベルギーやオランダで鉢植え向きに品種改良された植物です。

別名、オランダツツジや西洋ツツジとも呼ばれています。

ツツジの仲間のなかでも、特に豪華な花を咲かせます。

白・赤・ピンク・オレンジ・紫のほか、色が混じった複色のものなど花色が豊富です。

冬に花が咲いた状態で販売されますが、これは温室栽培されたものです。

もともとの開花時期は4月から5月です。

アザレアの開花鉢 冬の手入れ・管理ポイント

アザレアのツボミ

寒さに強くないので、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てましょう。

暖房が効いていない、涼しい場所の方が長く花を楽しめます。

乾燥した暖房の温風が当たると、ツボミが落ちたり、花が傷みます。

開花時期に水が足りないと花がしぼみます。水切れしないように気をつけましょう。

ただし、水の与えすぎは根腐れの原因になります。

水やりは鉢土の表面が乾いてから、たっぷりと与えるのがポイントです。

肥料は、開花中は必要ありません。

鉢植えアザレアの育て方・花が咲き終わったら

アザレアの花

4月以降は戸外に出し、風通しと日当たりのよい場所で管理します。

日差しが強い7月下旬から9月上旬までは、葉焼けを起こしやすいので、半日陰に置きます。

秋になったら、日当たりの良い場所に移動させ、11月下旬まで寒さに当ててから室内に取り込みます。

寒さが本格的になる11月下旬頃に、室内に取り込みます。

4~9月の生育期は市販の固形肥料を月に1回与えましょう。ただし、夏場に肥料は与えません。

初夏から秋に、葉の裏にグンバイムシが発生すると葉が白くなります。

オルトラン粒剤を根元に撒いておくとよいでしょう。

また、ハダニやハマキムシがつくこともあるので、定期的にスミチオンやマラソンなどを撒いて予防します。

アザレアの植え替え・剪定時期と方法

植え替えは、花が咲き終わった3月から4月に行います。

酸性土を好むツツジ科の植物なので、鹿沼土やピートモスなどを混合した土を使います。

市販の専用土を使うと簡単です。

古い土をしっかりと落として新しい土を使うことが大切です。

鉢は一回り大きな鉢を用意しましょう。

植え替えの目安は2年に1回です。

2年目以降は、植え替えと一緒に剪定も行うとよいでしょう。

全体を丸く刈り込み、樹形を整えます。

剪定に適した時期は、花が終わってから6月までの間です。

アザレアは7~8月に翌年の花芽ができます。

7月以降に刈り込み剪定を行うと、花芽まで切り落とすことになってしまい、翌年の花が見られなくなります。

さいごに

華やかな花をたくさん咲かせるアザレアは、冬の鉢花の定番です。

花の少ない時期に咲き続けてくれるので人気があります。

寒さ対策と置き場所、水やりに注意して、春まで花を楽しみたいですね。

関連記事
鉢植えアザレアの剪定と植え替えをしました!
ツツジの剪定時期はいつ?剪定して小さくする方法は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.