ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

チューリップの球根が食べられた!ネズミの被害から球根を守る方法は?

更新日:

チューリップ

チューリップやクロッカスの球根が食べられたという経験がある人は意外と多いです。

ネズミは雑食性なので基本的になんでも食べてしまいます。

球根だけでなく花も食べられてしまったり家庭菜園の野菜も食べられてしまうことがあるそうです。

ネズミの被害から球根を守る方法をまとめたので紹介します。

スポンサーリンク




チューリップの球根が食べられた!犯人はネズミ?

チューリップの球根

・球根を植えたのに芽が出ない
・突然枯れたので引き抜いてみると球根がかじられていた

こんな場合の犯人はネズミということが多いとか。

モグラ犯人説もありますが実際はモグラのトンネルに侵入したネズミの可能性が高いようです。

関連記事
モグラの退治方法は?庭がモグラでボコボコになった時の対策を紹介!

球根をネズミの被害から守る方法

ネズミが嫌う植物ヒガンバナ

ヒガンバナを植える

ヒガンバナはネズミ除けやモグラ除けの効果も期待できる植物といわれています。

関連記事
リコリスとヒガンバナはどう違う?ヒガンバナの仲間を紹介!

スイセンの球根を植える

スイセンと混植、または、チューリップの球根を取り囲むようにスイセンの球根を植えます。

スイセンは球根が有毒なのでネズミが嫌がってチューリップへの食害が軽減されるといわれています。

ハッカやミントを植える

ネズミはペパーミント系やユーカリ系、ハッカ系の香りが苦手です。

球根の近くにミントを植えるとネズミ対策になります。

石灰窒素を撒いておく

石灰窒素とは弱アルカリ性の窒素肥料のこと。

石灰と窒素肥料を合わせたような効果があります。

石灰窒素はネズミが嫌がるため防除にも効果があるといわれています。

ネズミのほかモグラの道に投入することでモグラの駆除にも効果があるそうです。

ワイヤーネットでカバーする

球根を植え付けたあたりの境界に細かいワイヤーネットでカバーをします。

境界線を十分カバーすることを確認しネットの端を土に入れます。

さいごに

チューリップの球根

ネズミが嫌う植物を球根の近くに植えるという方法は手軽にできるのでいいですね。

簡単に取り組めそうです。

我が家では、ネズミ対策というつもりではありませんがスイセンとチューリップは一緒に植えることが多いです。

今までネズミの被害にあったことがないのは、実はスイセンのおかげだったのかもしれませんね。

ちなみに、スイセンも植えているのに、そちらには手を出さずチューリップだけ被害に合ってしまう場合もあるとか。

そんな場合は、地植えより鉢植えにしたほうが被害は少ないかもしれません。

関連記事
チューリップの育て方!植え付け時期と方法、開花後の管理ポイントは?
チューリップの花が咲かない理由は球根の成長不足!来年花を咲かせる方法は?
チューリップ畑の名所スポットと見頃情報

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ガーデニングの悩み
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.