ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです

楽して楽しむガーデニング

スイセンの花が咲かない原因は球根の成長不足!来年花を咲かせる対策は?

更新日:

スイセンの花

スイセン(水仙)は数年間植えっぱなしでも花が咲いてくれる比較的管理が簡単な球根植物です。

ところが、昨年は花をたくさん咲かせていたのに、今年は花が咲かない場合もあります。

今回は、スイセンの花が咲かなくなる原因と対策を紹介します。

スポンサーリンク




スイセンの花が咲かない原因は球根の成長不足

黄色いスイセンの花

咲かない場合、次のようなことが原因として考えられます。

日照不足と肥料不足

球根が十分に成長できないと花芽が作られず花が咲かなくなることがあります。

日当たりの悪い場所では光合成が十分に行われず球根が成長できません。

肥料が少なければ球根に蓄えられる養分もそれだけ少なくなります。

球根の増え過ぎ

毎年、植え替えする必要はありません。

しかし何年か経つと球根が増えて混みあってきます。

その結果、花芽のできない小さい球根ばかりになってしまいます。

花後すぐに葉を切った

花が終わった後に葉を切ってしまうと光合成を行うことができません。

球根に養分を蓄えることができず花芽も作られないので翌年花を咲かせることが出来なくなってしまいます。

花が咲かないスイセンの対策

スイセンの花

地植えのスイセンが去年まで咲いていたのに今年咲かない原因は球根の成長不足の可能性が高いです。

球根が太れないと花が咲きません。

花後の管理の仕方がポイントになってきます。

スイセンの花後の手入れ

・花が終わったら花茎を切り取る
・葉はそのまま残す
・肥料を与える

花後、そのままにしておくと種を作るのに養分が取られてしまいます。

なので種ができないように花が終わったら早めに花茎のつけ根から切り取ってしまいましょう。

ただし葉は残しておきます。

葉を切ってしまうと光合成することができず球根に養分を蓄えることができません。

葉は自然に枯れるまでそのままにしておきます。

光合成だけでは不十分な場合もあるので花後にお礼肥として肥料を与えるのも効果的です。

スイセンの分球した小さな球根は?

葉が枯れてしまったら球根を掘り起こします。

球根の周りの土を落とし風通しのよい半日陰で乾燥させましょう。

球根がいくつもくっついていたら手で割って分けます。

しっかり乾いたら球根だけの状態にして秋に植え付けるまでネット袋に入れ風通しのよい日陰で保管します。

掘り上げた球根の中には充分に育つことができず小さいものもあるかもしれません。

小さい球根は大きくなるまで開花しませんが、小さくてもあきらめずに肥料を与え育ててみてください。

球根が一人前に育てば花が咲くようになります。

スイセンの花が咲かない原因と対策まとめ

日本スイセンの花

・日当たりの良い場所で育てる
・花後は、葉を切り取らず球根に養分を蓄えさせる
・数年に一度は球根を掘り上げて植えなおす

スイセンは植えっぱなしでも花を咲かせてくれるのでほったらかしにできるところがいいですね。

我が家では5年くらい花壇にスイセンを植えっぱなしです。

昨年は花数が少なくなってきたので今年あたり掘り上げて植え替えしようかと思っています。

関連記事
スイセン(水仙)の育て方!花後に球根を掘り上げる時期は?
スイセンに毒性!間違って食べたときの食中毒症状は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-球根植物
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.