ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

シクラメンの育て方!冬の室内での管理方法・手入れのポイントは?

更新日:

シクラメン

シクラメンは冬の鉢花の定番。お歳暮などフラワーギフトにも人気の植物です。

花の少ない季節、鉢植えがひとつあるだけで部屋が明るい雰囲気になりますね。

冬から春にかけて室内でシクラメンを育てる場合の管理ポイントや、しおれる原因と復活方法などを紹介します。

スポンサーリンク




シクラメンの特徴

シクラメン

シクラメンは地中海沿岸地方、小アジアが原産地のサクラソウ科シクラメン属の植物です。

別名、カガリビバナやブタノマンジュウとも呼ばれます。

草丈:10~25cm
開花期:10月下旬~4月下旬頃

種類には、昔からある大輪のシクラメン以外に、ミニシクラメン、比較的寒さに強く屋外で栽培できるガーデンシクラメンなどがあります。

花の色や花形も多彩で、香りのあるシクラメンやブルー系の花が咲く品種もあります。

関連記事
シクラメンの品種・種類と特徴!人気の高い品種は?

シクラメンの育て方!冬(12~3月)室内での管理方法

窓辺のシクラメン

シクラメンを長く楽しむためには、置き場所が大切です。

ポイントは、温度と日当たりです。

シクラメンにとって最適な温度は5~15℃、涼しい場所を好みます。

日中は、日当たりの良い窓辺で暖房のない場所が適しています。

ただし、窓辺は夜間冷えるので、夜になったら部屋の中央など暖かい場所に置いてください。

1日の温度変化の差が10℃以内になるような場所がよいでしょう。

5~15℃程の暖房のあまり効いていない部屋、例えば玄関などが適しています。

しかし、実際にはリビングに置いて楽しみたいという場合も多いですよね。

その場合は、暖房器具の近くには置かないでください。

ファンヒーターやエアコンの温風が直接当たる場所も避けましょう。

暖かすぎたり乾燥すると、花が傷んだり、ツボミが枯れたり、葉の色が黄色くなることがあります。

また、日が当たらない場所に置き続けるとツボミが開かなくなるので注意が必要です。

2~3日に1回は日光に当てましょう。

毎日多少でも日の当たる場合は、特別光の当たる場所に置かなくても花は咲き続けます。

関連記事
冬の鉢花 室内栽培のコツは?置き場所・水やりなど管理ポイントを紹介!

シクラメンの育て方!水やり方法と与えるタイミング

暖房の効いた部屋では乾燥しやすくなるため、水切れには要注意です。

水分不足になると花芽が上がってこなくなります。

さらに、水切れを起こすと花茎や葉がだらしなく垂れてしまいます。

しおれ気味になったら午前中にたっぷりと水を与えましょう。

冬の間の水やりは、3~4日に1回を目安とします。

風通しのよい所や乾燥した部屋では土の乾き具合をみて加減します。

鉢受け皿にたまった水は、そのままにしておくと根腐れの原因になるので捨てます。

与え方は、葉を手で押しのけて、鉢の縁から静かに注ぐようにします。

葉や花、球根にかからないように注意してください。

水がかかると、灰色かび病などの病気になったり、球根が腐ってしまうことがあります。

シクラメンの肥料の与え方

買ってきたばかりのシクラメンの鉢植えは、十分に肥料が与えてあります。

しばらくの間、肥料は必要ありません。

しかし、肥料切れになると花が小さくなったり、ツボミが最後まで咲ききらなくなります。

1ヶ月後くらいから切れてくるので、化成肥料を株に触れないように与えます。

花が咲いている間は、10日に1回位の割合で、1000倍程度に薄めた液肥を与えましょう。

ゆっくり効くタイプの固形肥料を用土の上に置いてもいいでしょう。

肥料が多いとかえって障害が出るので与えすぎないようにします。

シクラメンの育て方!しおれる原因と復活方法

寒さでしおれたミニシクラメン
※急な冷え込みで気温が2℃くらいなると、こんな状態になります。

しおれる原因として考えられるのは、水切れと温度です。

水切れの場合は、茎をまっすぐに起こして、鉢ごと新聞紙で包みましょう。

そして、水が入った深めのバケツに、新聞紙ごとつけ込みます。

1時間ほどで、葉が上を向いて元気な姿に戻ります。

また、暑すぎたり寒すぎたりする場合もシクラメンはしおれることがあります。

人間にとって過ごしやすい温度(25℃程度)は、シクラメンにとっては少し暑すぎます。

暖房が効いた部屋の中では置き場所に注意しましょう。

一方、シクラメンは5℃以下と寒すぎても傷みます。

真冬の寒さが厳しい時期は、ダンボール箱やビニール袋をかぶせるなど防寒対策が必要なこともあります。

気温が頻繁に変わる場所も好ましくありません。

昼と夜の置き場所を変えて気温変化が大きくならないように工夫してあげましょう。

シクラメンの花がら摘みの方法

cyclamen-tubomi

シクラメンは開花後の手入れで、長持ちさせることができます。

基本は、咲き終わった花を、こまめに摘み取ること(花がら摘み)。

咲き終わった花は、そのままにしておくと病気の原因になるので取り除きます。

花がらの取り方は、手で、つけ根に近い部分をつまみ、軽くねじるようにして引っ張り上げます。

先端を持って引っ張ると途中で切れてしまい、残った部分から腐ったり病気が侵入したりすることがあります。

必ず根元から引き抜くようにしましょう。

枯れて黄色になった葉も同じようにして取り除きます。

シクラメンの栽培記録

シクラメン

シクラメン初心者の管理人です。

今回は、シクラメンの冬の管理方法について調べたことをまとめてみました。

ここ数年、12月になるとシクラメンの鉢植えを人から頂くことが続きました。

しかし、長い間咲かせ続けることが出来ません。

水や肥料はきちんと与えているつもりなのですが…。

どうやら、私が育て方を失敗してしまうのは、温度管理ができていなかった可能性が高いです。

日中は部屋を暖房しているので暖かいのですが、夜間は冷え込むので温度差が激しいのです。

調べたことを参考に、咲かせ続けられたらいいですね。

今年は自分でシクラメンを購入して育ててみようと考えています。

関連記事
シクラメンの夏越し方法!休眠法と非休眠法とは?
香りがするシクラメンとは?芳香シクラメンの品種を紹介!
原種シクラメンとは?特徴と初心者にも育てやすい品種を紹介!

シクラメンの栽培記録も紹介しています
↓ ↓ ↓
シクラメンに関する記事一覧

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-シクラメン
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.