ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

チューリップの花が咲かないのはなぜ?原因と対策は?

投稿日:

チューリップの花

チューリップを何年も植えっぱなしにしていると、
去年はたくさん花を咲かせていたのに、
今年は花が咲かないといったことが起こります。

この記事では、チューリップの花が咲かない原因と対策を紹介します

スポンサーリンク




チューリップの花が咲かない原因は?

春に葉っぱがでてきたのに花が咲かないのは、
その前の年に球根がよく育たなかったことによるものです。

原因としては次のようなことが考えられます。

【日照不足と肥料不足】
日当たりの悪い場所では光合成が十分に行われず、球根が成長できません。

また、肥料が少なければ、球根に蓄えられる養分もそれだけ少なくなります。

日照不足と飛翔不足で球根が十分に成長できないと
花芽が作られず、花が咲かなくなることがあります。

【何年も植え替えをしていない】
何年も植え替えを行なわず、同じ場所に植えっぱなしにしていると
球根が込み合って大きくなれません。

その結果、花芽のできない小さい球根ばかりになってしまい
花が咲かなくなることがあります。

【花後に葉を切ってしまった】
花が終わった後に葉を切ってしまうと光合成を行うことができません。

球根は養分を蓄えることができず花芽も作られませんから、
翌年、花を咲かせることが出来なくなってしまいます。

チューリップの花を翌年咲かせる方法

チューリップの球根

翌年、花を咲かせるためには、球根を大きく育てることがポイントです。

花が咲かずに葉だけの状態であれば、肥料を与えてそのまま育てましょう。

葉が自然に枯れるまでしっかり育てることで、球根に十分な養分が蓄えられ、大きく成長します。

何年も植え替えしていない場合は、葉が枯れた後に球根を掘り上げ植えなおししましょう。

ちなみに、球根を掘り上げると大きい球根に小さい球根がくっついていることがあります。

この小さい球根は、植えても葉が1枚だけ出て花が咲かないと思います。

でも、それを再び植えると、翌年には大きい球根に育ち、
花を咲かせられるようになるかもしれませんよ。

興味のある人は、小さい球根も植えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

・日当たりの良い場所で育てる
・花後は、葉を切り取らず球根に養分を蓄えさせる
・数年に一度は球根を掘り上げて植えなおす

チューリップは植えっぱなしでも花を咲かせてくれるので、
何年も、そのままにしておくことも多いです。

でも、葉っぱだけになってきて、花がちょっとしか咲かないのはさびしいですよね。

チューリップを地植えで育てていますが、2~3年に1度は植え替えしたほうが、
毎年、いい感じで花が咲いてくれるように思います。

関連記事
チューリップの育て方!花が咲き終わったらどうする?
球根が食べられる!ネズミの被害からチューリップを守るには?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-球根植物
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.