ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです

楽して楽しむガーデニング

チューリップの花が咲かない理由は球根の成長不足!来年花を咲かせる方法は?

更新日:

チューリップのツボミ

チューリップは環境が合えば数年間は植えっぱなしにしていても花を咲かせてくれる植物です。

毎年咲いていたのに今年は花が咲かないという場合、球根の成長不足などいくつかの理由が考えられます。

チューリップの花が咲かない理由と来年花を咲かせるための対策を紹介します。

スポンサーリンク




チューリップの花が咲かない理由

チューリップの葉

春に葉がでてきたのに花が咲かないのは前年に球根がよく育たなかったせいかもしれません。

原因としては次のようなことが考えられます。

日照不足と肥料不足

日当たりの悪い場所では光合成が十分に行われず、球根が成長できません。

また、肥料が少なければ球根に蓄えられる養分もそれだけ少なくなります。

日照不足と肥料不足で球根が十分に成長できないと花芽が作られず、花が咲かなくなることがあります。

花後に葉を切ってしまった

花が終わった後に葉を切ってしまうと光合成を行うことができません。

球根は養分を蓄えることができず花芽も作られませんから、翌年、花を咲かせることが出来なくなってしまいます。

何年も植え替えをしていない

何年も植え替えを行なわず、同じ場所に植えっぱなしにしていると球根が混みあって大きくなれません。

その結果、花芽のできない小さい球根ばかりになってしまい花が咲かなくなることがあります。

病気にかかっている

球根自体が傷んでいたり病気にかかったりしていれば花を咲かせないことが多くなります。

チューリップの花を翌年咲かせる方法

チューリップの球根

花が咲かずに葉だけの状態であれば球根が十分に成長できていないことが考えられます。

翌年、花を咲かせるためには球根を大きく育てることがポイントです。

肥料を与えてそのまま育てましょう。

葉が自然に枯れるまでしっかり育てることで球根に十分な養分が蓄えられ大きく成長します。

何年も植え替えしていない場合は、葉が枯れた後に球根を掘り上げましょう。

秋に植え付けるまでの間、風通しのよいところに保管しておきます。

原種系チューリップは暖地で植えっぱなしOK

球根を十分に成長させるには初夏から夏にかけて涼しい環境であることが必要です。

関東地方より南の暖かい地域では花後から初夏に急激に気温が上がってきます。

気温が上がると葉を枯らして休眠する性質のため、花後すぐに休眠に入り球根が太るのに十分な時間が取れません。

そのため翌年は咲いても花が小さかったりウイルス病などにかかる事が多いです。

関東より南の暖地では毎年球根を買って植えつけましょう。

ただし、原種系チューリップは暖地で2~3年植えっぱなしでも花を咲かせます

チューリップの花が咲かない理由と対策まとめ

チューリップの花

・日当たりの良い場所で育てる
・葉を切り取らず球根に養分を蓄えさせる
・数年に一度は球根を掘り上げて植えなおす

チューリップを地植えで育てています。球根は20個くらいはあるでしょうか。

以前、5年くらい植えっぱなしにしていたら花がずいぶんと少なくなってしまいました。

2~3年に1度は植え替えしたほうが、毎年、いい感じで花が咲いてくれるように思います。

ところで、球根を掘り上げると大きい球根に小さい球根がくっついていることがあります。

小さい球根は植えても葉が1枚だけ出て花が咲くことはありません。

でも、もう一度植え付けて大きい球根に育てると花を咲かせるようになるそうです。

試してみようと思っています。

関連記事
チューリップの育て方!植え付け時期と方法、開花後の管理ポイントは?
チューリップの球根が食べられた!ネズミの被害から球根を守る方法は?
チューリップ畑の名所スポットと見頃情報

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-球根植物
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.