ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

グラジオラスの育て方!花後の球根は植えっぱなしでも大丈夫?

更新日:

gurajiorasu01

華やかな花を咲かせ、暑さに強いグラジオラスは夏花壇の定番植物ですね。

この記事では、グラジオラスの特徴や育て方を紹介します。

植えっぱなしにしていても大丈夫な球根なのかについても調べてみました。

スポンサーリンク




グラジオラスの特徴

グラジオラスはアヤメ科の球根植物です。

鋭く尖った葉をもち、長く伸ばした花茎に連なって花を咲かせます。

草丈が高く大輪の花を咲かせる春植え夏咲き種と
草丈が低く小さめな花を咲かせる秋植え春咲き種の
2種類に分けることができます。

一般にグラジオラスといえば、夏咲き種を指します。

夏咲き種は品種が豊富で、花色も赤、ピンク、白、黄色と多彩。

夏の花壇に、なくてはならない植物といえるでしょう。

グラジオラスの育て方

gurajiorasu02

日当たりと水はけのよい場所を好みます。

連作すると球根腐敗病が出やすくなるので、シーズンごとに
日当たりが良い別の場所に植えるようにします。

あまり日が当たらない場所では、葉だけが茂り、
花芽が付かなくなるので気をつけましょう。

葉が5枚ほど出て、ツボミができたら、開花したときに
強い風が吹いても倒れないように支柱を立てます。

夏咲き種は3月下旬~4月上旬が植え付けの適期です(春咲き種は10~12月)。

庭植えの場合、耕す土の深さは30cmほどで、堆肥と肥料をよく混ぜます。

植える深さは球根2個分、まとめて複数の球根を植える場合は、互いに3、4個分の間隔を空けます。

水やりは、土が乾燥したら与える程度で、水が花にかからないように注意します。

害虫にはオルトラン粒剤などをまいて予防します。

グラジオラスは植えると1ヶ月くらいで発芽し、80~90日たつと開花します。

この時期に植えると、暑さがピークになる前に花が咲き、花もちも良くなります。

6~8輪ほどが一度に咲き、切り花としてもユリや蘭に負けないほど豪華です。

グラジオラスの葉が黄色く変色してきたら、夏咲き種は11月上旬、春咲き種は7~8月に掘り上げます。

グラジオラスは植えっぱなしでも大丈夫?

春植え夏咲き種は、秋が深まると地上部の葉が枯れます。

寒さにはあまり強くないので掘り上げて冬は室内で越冬させた方がよいでしょう。

南関東以西の暖地では普通に冬越しできるので、掘り上げて防寒する必要はないようです。

ちなみに、植えっぱなしにしていると、新しい球根が古い球根の上にできて、
数年すると球根が地表に出てきてしまいます。

一年おきくらいには、掘り上げて翌年植え付けとしたほうがよいと思います。

関連記事
夏の切り花用に何を植える?初心者におすすめ春植え球根と1年草!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-球根植物
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.