ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

アジサイの花が咲かない原因!来年花を咲かせる方法は?

投稿日:

アジサイの花

アジサイの花が咲かない原因は、花芽を剪定してしまったせいかもしれません。

来年、花を咲かせる方法を紹介します。

スポンサーリンク




アジサイの花が咲かない原因は?

花が咲かない主な原因は、剪定の時期にある可能性が高いです。

アジサイは、8月以降には翌年の花芽ができます。

この花芽は、確認するのがむずかしく、ぱっと見ただけでは分かりません。

秋に剪定をすると、翌年咲くはずの花芽まで一緒に切っていることになるので
花が咲かないのです。

毎年花を咲かせたいのであれば、花芽が出るまえの7月中、
遅くとも8月上旬までに花を切りおとすようにしましょう。

なるべく失敗しないためには、花が終わった直後に剪定しましょう。
花が咲いた枝だけを、花の2~4枚下の茎で剪定します。

秋口あたりに一度目に切った部分のひとつ下の葉の上で切り詰めます。
その葉の付け根辺りに翌年咲く花芽ができます。

他に花が咲かない原因と考えられるものに、次のことがあります。

・極端な日照不足による生育不良
・冬の寒風で花芽が枯死する
・肥料不足や肥料過多

アジサイの剪定で失敗が多い人にオススメの品種とは?

アジサイには今年伸びた枝に花芽をつけるタイプの品種もあります。

剪定で何度も失敗しているという人は、そういう品種を選んで
育ててみるのもよいかもしれませんね。

アナベルという品種は、春先に前年枝を強く剪定しても大丈夫なので管理が簡単。
寒さにも強いので冬越しも楽です。

初めて育てるアジサイとしてオススメの品種といえるでしょう。

楽天市場でも購入できます。

アジサイを小さく保つには?

我が家では、アジサイを地植えで育てています。

丈夫で育てやすいのはよいのですが、
ただひとつ、デメリットに思っていることがあります。

それは、大きくなりすぎること!

アジサイの花は茎の先につきます。

剪定をしないで伸ばしていくと、花の位置が目線より
高いところになってしまい、見ばえも良くありません。

それに、大きくなりすぎると、隣に植えてある植物とぶつかって
しまいますし、手入れするのも大変です。

毎年、剪定をしていても、大きくなりすぎて困るので、
数年に一度、自己流で、バッサリと強めの剪定をしていました。

この方法で、よいのかな?と思って、小さく保つ方法を調べてみました。

株全体を小柄にしたい時や形を変えたい時には、花を1年あきらめて
3~4月ころ強く剪定するという方法があるそうです。

次の年の開花は諦めなくてはいけませんが、
その次の年には、花が咲いて楽しむことができます。

アジサイが大きくくなりすぎて困っている人は、強めの剪定を
試してみるのもよいかもしれませんね。

アジサイの花が咲かない原因まとめ

・剪定時期
・日光不足
・冬の寒風
・肥料

アジサイの剪定は花芽がポイントです。

以前、アジサイの名所で今年は花が全く咲かないとニュースになったことがありました。

それも、剪定を間違えてしまったことが原因だったのでしょうか。

来年は、アジサイの花が咲くといいですね。

関連記事
アジサイ(紫陽花)の育て方!鉢植えの冬越し方法は?
アジサイの水揚げ!切り花を長持ちさせる方法は?
あじさいの名所!関東近辺の紫陽花の見頃はいつ?【2018年版】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-日陰の庭
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.