ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ローメンテナンスガーデンとは?庭のメンテナンスを軽くするコツ!

更新日:

庭仕事

忙しくて庭の手入れをする時間が取れず庭が雑草だらけで荒れてしまったという経験はありませんか?

そんな方は、ローメンテナンスガーデンに変えてみるのもよいかもしれません。

メンテナンスを軽くして手のかからない庭にするコツを紹介します。

スポンサーリンク




ローメンテナンスガーデンとは

庭仕事

メンテナンスをあまり必要としない庭のことをローメンテナンスガーデンといいます。

一般に、庭で必要なメンテナンス作業には、水やり、花がら摘み、切り戻し、肥料、病害虫対策など植えた植物の手入れや雑草取りがあります。

さらに、庭木があれば剪定や害虫駆除、秋の落ち葉掃きなどが加わります。

植物は、生長し続けるので放りっぱなしという訳にはいきません。

しかし、植物の種類や植え方によってメンテナンスの量には差が出てきます。

庭のメンテナンスを軽くするコツ

管理の手間を省き作業を楽にするために以下のようなことを取り入れた庭づくりを意識してみましょう。

・年に2~3回植え替えする一年草は少なくするか植えないようにする。

・手間をかけなくても丈夫に育つ種類の宿根草を植える。

・植物を植えるスペースを減らす。

・芝生の維持管理には労力がかかるので取り除いてテラスにする。

・花壇をレイズドベッドにして屈みこまなくても作業が楽にできるようにする。

※レイズドベッド:レンガやブロックなどで囲って作る地面よりも高くした花壇のこと。

一般に、シニア世代は、若いころに比べ、ガーデニングに費やせる時間は増えます。

ところが、それと反比例するかのように体力は落ちてくる場合が多いです。

年金暮らしになって、これからはガーデニングにたっぷり時間がとれると張り切っていたのに…。

腰や膝が痛くて長時間の庭仕事ができないということが起こるかもしれません。

50代になったら、体力に余裕があるうちに現在の庭をローメンテナンスガーデンに作り変えることを考えていきまょう。

ローメンテナンスな庭で大切にしたいのは、単に「手間がかからない」ことではなく「美しいけれど手間がかからない」こと。

草木がなければ手間はかかりませんが、それでは庭がさびしくなってしまいます。

ある程度の庭の緑の量を保ちつつ、少ないメンテナンス作業で、きれいな庭を維持していくことを目指したいものです。

丈夫で育てやすい植物を選ぶコツ

ローメンテナンスな庭にするためには、植物選びが重要です。

近所でよく見かける植物、地元で生産される植物の中から選ぶのもよいでしょう。

植物は、適材適所に植えられていれば、病害虫や環境ストレスを受けずにすんだり、受けても被害が少ないことが知られています。

地域で昔から植えられている植物は手間がかからない丈夫な植物である場合が多いです。

さいごに

私も50代になり、世間一般的に言われるシニア世代に突入しました。

最近は体力の衰えを感じることが増えましたね。

先日、スコップを使って多年草を掘り起したときなど、自分でも驚くほど疲れて作業が進みませんでした。

今まで苦もなくできていた作業が、ある日突然「時間が倍かかってしまう」というのはショックが大きいです。

自分の体力を過信してはいけませんね。

ところで、こちらの記事の中で
↓ ↓ ↓
一年草と多年草の違いと特徴!手間がかからないのはどちら?

「多年草より一年草を増やしたほうが庭仕事の量が減って体力的に楽できる」ということを書いたのですが…。

いろいろ調べた結果、庭仕事を軽減するには、多年草メインで一年草はアクセント程度に少な目にするべきだろうと考えなおしました。

多年草といっても様々な種類があります。

つまり、スコップを使って掘り起こさないといけないような大型・中型の多年草を減らしていけばよいのではないでしょうか。

ローメンテナンスな庭にするためには植物を植えるスペースを減らすこと
有効だといわれています。

我が家の場合、裏庭が広くて手が回らないので、数年前から植栽スペースを減らしました。

そうしたら、本当に作業が減ってずいぶんと楽になりました。

植物を植えない部分に雑草がはびこるのは困るので防草シートを敷いてあります。

当然のことながら見映えはよくありませんが、裏庭ということで、そのままにしてあります。

理想は、化粧砂利を敷き詰めるとかデッキやテラスを設けるとかしたいところなのですが。

お金を掛けずに自分でやるとなると、なかなか実現はむずかしそうです。

ローメンテナンスな庭にするのは、ガーデニングを長く楽しみ続けるため。

今まで植えてあった植物を減らしてしまうのは惜しい気もしますが、その分、残った植物を大事に育ててあげられるような気がします。

関連記事
花壇の色使いのポイントは?植物の配色の基本を紹介!
初心者でも作れる?スパイラルロックガーデンの作り方!
はじめての庭づくり!自分で簡単に作るポイントは?
イギリスのグラベルガーデンとはどんな庭?砂利の庭を作るポイントは?
一年草と多年草の違いと特徴!手間がかからないのはどちら?
自分に合ったガーデニングスタイルは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭づくり・庭のデザイン
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.