日陰の庭に何を植える?【日当たりが悪い自宅の庭で育てている植物まとめ】

日陰を好むシダ

植物が元気に育たないのは庭の日当たりが悪いせいと思い込んでいませんか?

もしかしたらそれは日向を好む植物を植えていることが原因かもしれません。

日当たりが悪い自宅の庭で育てている植物を紹介します。

スポンサーリンク

日陰向きの植物とは?

日陰の庭

すべての植物が日当たりの良い場所を好むわけではありません。

強い直射日光が当たると葉焼けを起こしたり枯れてしまったりする植物もたくさんあります。

日当たりの悪い庭には日陰が好きな植物や日陰でも耐えられる植物を植え付けましょう。

日陰向きの植物

日陰でないと育たない植物は、もともと長時間の直射日光を嫌う性質を持っています。

葉色が美しく艶やかな物が多いのが特徴です。

日陰に耐えられる植物

日なたを好むけれど日陰でも育つ植物のことです。

日陰を好む植物は「日陰 植物」で検索するとたくさん見つかります。

自分の庭にあった好みの植物を選びましょう。

日陰の庭のタイプを知ろう

シェードガーデン

日陰の庭に植える植物を選ぶ前に、
まず必要なのが、日当たりの状況を確認することです。

同じ場所でも時間帯や季節によって日陰の位置は変化することも知っておきましょう。

次の3タイプのうちどれに当てはまるでしょうか?

・暗い日陰
・明るい日陰
・半日陰

暗い日陰

日陰は、1日中、日光の当たらない場所のこと。

暗い日陰は、周りが建物や高い塀などに囲まれて暗い場所のことです。

明るい日陰

日陰といっても暗い場所だけではありません。

直射日光が当たらなければ明るい場所でも日陰となります。

その場合は明るい日陰という表現が多いです。

半日陰と同じ意味として使われることもあります。

半日陰

1日4時間くらい日が当たる場所です。

日が当たる時間帯によって2種類の環境に分けることができます。

・午前中だけ日が当たる
・午後だけ日が当たる

自宅の日陰の庭で育てている植物まとめ

斑入りのギボウシ

日当たりの悪い庭で育てている植物の中から6つ紹介します。

ギボウシ

さまざまな葉色が楽しめるギボウシは日陰に欠かせない定番植物。

黄葉や金葉、斑入りの品種は半日陰がオススメ。

青葉の品種は日陰に植え付けるときれいな葉色が楽しめます。

冬には地上部が枯れてしまいます。

ギボウシの育て方
ギボウシの冬越し方法!地上部の葉が枯れた後、空いたスペースに何を植える?

シラン

紫色の花を咲かせる日本原産のラン。

冬には地上部が枯れて春に再び芽が出る多年草です。

一度、植え付ければ放置状態にしておけるので手間がかかりません。

グラントカバーになります。

シラン(紫蘭)の特徴と育て方

ヒマラヤユキノシタ

常緑性の多年草。春にピンク色の花を咲かせます。

地面をはうように広がるのでグラウンドカバーとして利用しています。

手入れは古葉を取り除く程度で手間がかかりません。

ヒマラヤユキノシタの特徴と育て方

シュウメイギク

半日陰で育つ多年草。秋になると花を咲かせます。

開花中は庭が明るくなっていいですね。

ただ、どんどん増えて広がり他の植物が生えている場所にも芽を出すようになります。

地植えする場合はあらかじめ広い場所を確保しておくとよいでしょう。

シュウメイギク(秋明菊)の育て方

レモンバーム

日陰でも育つ強健なハーブ。名前のとおりレモンの香りがします。

料理に使えるので一株あると重宝します。

レモンバームの特徴と育て方

シュウカイドウ

ベゴニアの仲間で秋にピンクの花を咲かせる宿根草。

冬には地上部が枯れてなくなります。

シュウカイドウ(秋海棠)の特徴と育て方

さいごに

日陰の庭

今回は、自宅の日陰の庭で育てている植物の中から6つ紹介しました。

どこにでもみかけるようなポピュラーな植物ですが手間がかからないことも魅力のひとつ。

日陰の庭

ただ、湿った日陰で水はけが悪い場所をどうするかが悩みのタネ。

何を植えても成長があまり良くないです。

・植物を植えないでデッキや小道にする
・地面より高くした花壇(レイズドベッド)を作る

今のところ、選択肢は、この二択。

花壇なら水はけの問題は解消できて、かがむ必要がないので作業が楽というメリットがあります。

日陰の庭をどんなふうに変えていくか、春までに決めてしまいたいものですね。

※レイズドベッドについて書いています
 ↓ ↓ ↓
ローメンテナンスガーデンとは?庭のメンテナンスを軽くするコツ!

タイトルとURLをコピーしました