ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

シェードガーデンの作り方!日陰の庭に向いている植物は?

更新日:

gibousi10

植物が元気に育たないのは庭の日当たりが悪いせい!と思い込んでいませんか?

そんな場合は、日陰でも育つ植物を植えてシェードガーデンを楽しむという手もありますよ。

シェードガーデンの作り方と日陰の庭に向いている植物を紹介します。

スポンサーリンク




シェードガーデンとは?

日陰の庭

シェードガーデンとは「日陰の庭」を意味する言葉です。

日陰が好きな植物や日陰でも耐えられる植物を選んで育てることをシェードガーデニングということもあります。

一般に植物を育てるには日当たりのよい場所を選ぶことが多いですね。

しかし、一日中、日当たりのよい庭というのは、あまり見当たらないのではないでしょうか。

日向があれば日陰があるのは当たり前。

一日の大半が日陰という庭もあります。

日当たりが悪いからガーデニングが出来ないということはありません。

シェードガーデンの作り方

シェードガーデン

シェードガーデンを作る前に、まず、庭の日当たりの状況を確認することが大切です。

・一日中、日が当たる
・午前中だけ日が当たり、午後には日陰になる
・一日中、日が当たらない

他にも、北向き、南向きなどによって日照条件が違ってきます。

ちなみに、

半日陰は、1日4時間ほどの日照時間があるところ
日陰は、1~2時間ほどしか直射日光が指さないところ
を指します。

ガーデニングというと花がたくさん咲いている庭というイメージがあるかもしれません。

でも、花が咲いているのは限られた期間です。

日陰の庭は色や形が美しいリーフプランツを中心に植えるのもおすすめです。

リーフプランツには日陰の環境を好むものがたくさんあります。

しかも、花がらを摘むなどの作業がないので手入れが少ないのも魅力ですね。

日陰の庭

ただ、湿った日陰で水はけの悪い粘土質の土みたいな場所では、あえて植物を植えないのもよいと個人的には思います。

デッキや小道など別の利用法を考えてみるのもよいかもしれません。

シェードガーデン向きの日陰を好む植物は?

斑入りの葉や葉色が明るい植物を植えると、日陰の庭はぐっと明るくなります。

日陰でも元気な植物を育ててシェードガーデンを楽しみたいですね。

【半日陰】
葉を楽しむ植物
・ギボウシ(特に斑入りの品種)
・ヒューケラ
・カレックス
・フウチソウ
・ヤブラン
・シダの仲間全般

花も楽しめる植物
・アジュガ
・ケマンソウ
・スズラン
・キョウガノコ
・シュウメイギク
・セイヨウオダマキ
・クリスマスローズ

球根植物
・アガパンサス
・ムスカリ
・シラー

【日陰】
葉を楽しむ植物
・ギボウシ(青葉、濃い緑葉の品種)
・ヤブラン
・クジャクシダ
・オシダ

花も楽しめる植物
・ツワブキ

関連記事
シュウメイギク(秋明菊)の育て方
クリスマスローズの育て方
スズランの育て方
ツワブキの育て方
ヤブランの育て方

さいごに

北向きの庭や高い塀の内側など太陽が当たらない場所は意外と多いものですね。

手入れもされず雑草や苔だらけの場所でも日陰を好む植物を植えれば癒しの空間となってくれるかもしれません。

シェードガーデンに何を植えるか迷ったらギボウシを選ぶとよいかもしれません。

ギボウシは日陰を明るく美しく演出してくれるのでシェードガーデンに欠かせない植物といわれています。

葉色と日陰の関係を知っておくと便利です。

黄葉や金葉、斑入りの品種は半日陰がオススメ。

青葉の品種は日陰がオススメです。

いろいろな品種がありますが長く栽培できる植物なので、まずは定番の品種から育ててみてはいかがでしょうか。

関連記事
ギボウシの育て方

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-日陰の庭
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.