【100均の猫よけマットで野良猫対策】猫のトイレ場所をなくする方法も紹介!

庭にいすわる猫

花壇に入ってきた猫がフンやおしっこをして困るという経験はありませんか?

庭が猫のトイレと化している場合は猫好きの人であってもうんざりさせられるものですね。

今回は、100均の猫よけマットや重曹を使う方法など野良猫対策について調べたことをまとめました。

スポンサーリンク

100均の猫よけマットで野良猫対策

100均の猫よけマット

以前、花壇のあちこちを掘り起こされたり、フンをされたりと野良猫に悩まされたことがあります。

その後、猫がやってこない時期が続き、ひと安心していたのですが…。

今年に入って、新たに庭をトイレに使う猫があわられました。

「たまたま糞をされた」のかどうかは、まだ、判断が付きません。

とりあえず、100均の猫よけマットを、花壇の中、数か所に置いてみました。

結果

わざわざマットを動かして同じ場所にフンをする猫もいました。

庭に出入りする野良猫で確認できているのは、少なくても3匹。

個体差もあるので全ての猫に効果があるとはいえない結果に。

超音波で猫を寄せ付けない

ガーデンバリアは猫が嫌がる超音波を出す装置です。

値段が高いので口コミ・レビューを参考にしてから購入するかどうか決めましょう。

猫が嫌う臭いで猫よけ対策

庭にいる猫

猫が嫌う臭いを通り道に置いたり散布すると近寄らなくなる効果が期待できます。

ただし、次第に臭いに慣れてしまうので継続的な効果は難しいでしょう。

木酢液

猫が庭に入らないように通り道に散布します。

木酢液は肥料にもなるので一石二鳥。

猫よけ植物

一般的に臭いが強い植物を嫌うといわれ、特に柑橘系の香りが苦手らしいです。

庭に植えたり鉢植えを猫の通り道に置く方法が有効のようです。

効果が期待できる植物には次のようなものがあります。

◆ルー
ミカン科の多年草で耐寒性があるハーブです。

別名 ヘンルーダ。猫不寄(ネコよらず)の名前で販売されていることもあります。

独特の強い柑橘系の香りがありオーストラリアでは猫が嫌がる植物として有名。

猫はもちろんハエなどの昆虫類も苦手なようでアリよけにもなるといわれています。

ルーの栽培記録

◆ニラ
猫よけや防虫効果があるといわれています。

丈夫で育てやすく食用の楽しみもあって一石二鳥。

ニラの育て方
コンパニオンプランツとしてニラを利用

◆コリウス カニナ

シソ科のハーブで草丈は30~50cmになります。

葉は明るいグリーンで花壇用の素材としてもおすすめです。

【ポイント】
個体差があるので嫌い・苦手といわれる植物でも反応しない猫もいます。

柑橘系の匂いが平気な猫も多いようです。

匂いに慣れてしまって反応しなくなる場合もあります。

高い効果を期待するなら数種類のハーブをミックスして植えるのがポイントといわれています。

犬猫忌避剤

忌避剤はドラッグストアやホームセンターなどで購入できます。

猫のトイレ場所をなくする方法

庭にやってくる猫

植物や木を植える

グランドカバーになる植物を10~30cmくらいの高さに繁らせてトイレ場所になるような土や砂を隠します。

水をまく

猫は濡れた土にはフンをしないといわれています。

重曹で猫の臭いを消す

猫は自分の排泄物のニオイがあると何度でもその場所をトイレとして利用するのだそうです。

なので、対策としては猫のニオイを消してしまうのがよいのだとか。

使い方はフンをされてしまった土の上に重曹を振りかけ少し混ぜるだけ。

さいごに:自宅の庭の猫よけ対策

庭で遊ぶ子猫

不定期ですが、庭に野良猫がやってくることがあります。

草取りをしている時に、土が盛り上がっているのを見てフンがあるのに気が付くというパターンが多いです。

土が柔らかく、いかにもトイレに適している場所なので怒る気にもなれず、仕方がないなぁ~と思っていたのですが。

春、シバザクラの上にフンをされたときはビックリしました。

「必ず土をかけて隠す」ものとばかり思っていたのに最近の猫は違うのでしょうか。

我が家では木酢液の散布で対策をしています。

ただ、ずっと使っていると効果が薄れてくるような気が…。

重曹や忌避剤などと併用して対策していくのがよいのかもしれません。

花壇を歩く猫

関連記事
ルー(ヘンルーダ)の育て方と防虫・ネコよけ効果

タイトルとURLをコピーしました