ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

シュウメイギク(秋明菊)の育て方!植え替え時期と方法は?

更新日:

シュウメイギク

シュウメイギク(秋明菊)は秋の風情を感じさせる花姿と光沢のある濃緑の葉が魅力の植物です。

花が咲いていない時期には雑草を防ぐグラウンドカバーの役割も果たしてくれます。

今回はシュウメイギクの特徴、植え替え時期・方法など育て方のポイント、栽培記録を紹介します。

スポンサーリンク




シュウメイギクの特徴

シュウメイギク

シュウメイギクはキンポウゲ科アネモネ属の多年草です。

別名、貴船菊、秋牡丹とも呼ばれます。

英名ではジャパニーズ・アネモネと呼ばれていますが日本の原産ではありません。

古い時代に中国から渡来し日本の寺院などで育てられていたものが野生化した帰化植物といわれています。

草丈:30~150cm
花色:ピンク、白
開花期:8月下旬~11月

秋になると長い茎を伸ばして一重や八重の花を咲かせます。

花びらに見える部分は実は萼(がく)にあたります。

和風のイメージがあり、生け花や茶花、庭の植え込みに利用されます。

欧米ではボーダーガーデンには欠かせない植物です。

品種

・ダイアナ

2色咲きの品種です。

草丈:15~80cm。

植える鉢の大きさに合わせて株の大きさを変えるので鉢植えでも花壇でも楽しむことができます。

・星娘

桜娘、福娘など「娘」シリーズは草丈が30cmと低いのが特徴。

コンパクトな株姿で鉢花として楽しむのに適しています。

シュウメイギクの育て方

シュウメイギク

日当たりの良い場所を好みます。

ただ、乾燥には弱いので、なるべく湿り気味で西日が強く当たらない場所に植えてください。

半日陰でも育ちます。

苗の植え付け適期は3~4月です。

9~10月にも植え付けられますが、冬までに根が土になじむようにしましょう。

地植えの場合は植え付ける場所に元肥と腐葉土を混ぜ込んでおきます。

ポットから苗を取り出したら根鉢を少しだけほぐして植え付けます。

花が咲き終わったら、花がらをつけ根から切り取り、葉は残しておきます。

冬になると地上部は枯れてしまいます。

地際から枯れた部分を取り除いておきましょう。

春になると再び芽吹きます。

水やり

地植えの場合、半日陰の湿り気のある場所に植えていれば特に与える必要はありません。

鉢植えの場合は用土の表面が乾き始めたらたっぷりと与えます。

根の成長が早いので根詰まりしやすく、根詰まりをすると水持ちが悪くなるので乾燥しやすくなります。

乾燥させないように注意が必要です。

肥料

地植えの場合は春に緩効性化成肥料を与えます。

鉢植えの場合は、3~5月と10~11月に緩効性化成肥料を与えるか、液体肥料を10日に1回与えます。

増やし方

繁殖力旺盛で、根から不定芽を伸ばして増えます。

シュウメイギクの植え替え時期・方法

シュウメイギクのツボミ

地植えにしている場合は環境が合えば放っておいても株が毎年増えていき花数も多くなります。

植え付けてから3~5年ぐらいは植え替えの必要はありません。

株が込み合ってきて花がつきにくくなったら株分けをして植え直しましょう。

鉢植えの場合は、1~2年に1回植え替えをします。

適期は植え付け時期と同じ春と秋です。

シュウメイギクの栽培記録

秋に、売れ残りのシュウメイギクの苗が半額だったので、つい買ってしまいました。
↓ ↓ ↓
シュウメイギク(秋明菊)を衝動買いした話

地植えして放っておいたのですが一年後には花が咲いてくれました(2008年9月)。

暑さにも寒さにも強く手をかけなくてもよく育ちます。

野生化するくらいなので日本の気候に合った植物なのでしょうね。

初心者にもおすすめの植物だと思います。

ただ、どんどん増え広がっていくので他の植物が生えている場所にも芽を出すようになりました。

地植えする場合はあらかじめ広い場所を確保したほうがよいかもしれません。

関連記事
シェードガーデンの作り方!日陰の庭に向いている植物は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-日陰の庭
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.