ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです

楽して楽しむガーデニング

シャクヤクの花が咲かない!原因と対策は?

投稿日:

シャクヤクのツボミ

地植えと鉢植えで育てているシャクヤクの花が咲きません。

原因を調べてみました。

スポンサーリンク




シャクヤクの花が咲かない原因

シャクヤクは、2~3年経たないと花が咲かない植物です。

なので、

球根を植え付けても、翌年に花が咲くことはありません。

また、2~3年経ったものでも、根が張って大株にならないと、
花は咲かないそうです。

ネットで調べてみると、その他に考えられる原因には
次のことあるというのが分かりました。

・肥料が不足して生育が良くない
・土が目詰まりして根が詰まっている
・株が大きくなりすぎて1芽が小さい

ツボミが出来たのに咲かないで終わってしまったときは
病気や害虫が原因のこともあります。

シャクヤクの花を翌年咲かせるには?

シャクヤクの葉

【肥料】
シャクヤクは、とてもたくさん肥料を必要とするので「肥料食い」ともいわれるとか。

肥料を与える時期と肥料の種類に気をつけましょう。

与える時期は、植え付けるときのほかに、
開花前、開花後、秋に葉が枯れ始めた頃に
緩効性の化成肥料を与えます。

根が傷むので、夏には肥料を与えません。

肥料を与えすぎると株はよく育ちますが、
花が咲きにくくなるので注意しましょう。

【摘蕾(てきらい)】
通常1本の茎にいくつかのツボミがつきます。
そのままにしておくと咲いても花が小さいです。
また、咲かないものも出てくるので、頂点の
大きなツボミだけを残して、わきのツボミは摘み取ります。

【殺菌剤の散布】
ツボミに灰色かび病がつくと咲かずに終わってしまいます。
芽出しのころから数回、殺菌剤を散布して予防しておきます。

さいごに

シャクヤクは、肥料食いといわれるほど、肥料を必要とする
植物だとは知りませんでした。

どうやら、我が家のシャクヤクに花が咲かないのは
肥料不足が一番の原因のようです。

それにしても、何年も育てているシャクヤクに花が咲かないと
心配になってしまうものですね。

初めてシャクヤクを育てる人なら、
2~3年は、花が咲かない植物だということが分かれば、
安心して育てることができるのではないでしょうか。

来年は、花が咲くといいですね。

関連記事
シャクヤク(芍薬)の育て方!地植え・鉢植えの栽培ポイントは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.