ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです

楽して楽しむガーデニング

牡丹の花が咲かない原因は剪定?来年花を咲かせるための剪定時期と方法!

更新日:

牡丹のツボミ

牡丹の花が咲かない原因はいろいろ考えられますが剪定である場合が少なくありません。

来年花を咲かせるための剪定時期と方法を紹介します。

スポンサーリンク




牡丹の花が全く咲かない原因は?

牡丹の花

考えられる原因には次のようなことがあります。

・日当りが悪い場所に植えられている
・乾燥しすぎるやや痩せた土地に植えられている
・花が咲いた後、花がら摘みやお礼肥をしなかった
・秋に剪定をする際に花芽を切ってしまった

牡丹の育て方はこちら
 ↓ ↓ ↓
牡丹(ボタン)の育て方

牡丹の花芽を切らない剪定時期と方法

牡丹の芽

花芽は花が咲いた新しい枝の葉腋に作られます。

今年、花が咲かずに葉ばかり茂っている枝にも秋には花芽ができるようになります。

花芽と葉芽は形で見分けるとよいでしょう。

花芽はふっくらと丸みを帯びているのに対して葉芽は細長く尖っているという違いがあります。

秋遅くなると花芽、葉芽が見分けられるようになります。

その時期になってから、花芽を残すように剪定するとよいです。

花芽は先端の枝の方についているので、2~3芽を残して切るようにします。

鉢植えの牡丹の花が咲かない原因は?

牡丹のツボミ

鉢植えの場合、花が咲かなかったりツボミがついても開かなかったりということがあります。

考えられる原因は肥料不足です。

また、ツボミが開かないのは根が傷んでいてツボミの成長に必要な吸水が追いつかないことが考えられます。

牡丹は地植えの場合は植え替えをする必要はありません。

しかし、根の生育が旺盛なので鉢植えの場合は2年に1回を目安に植え替えをしましょう。

花付きが悪い場合は、秋になったら植え替えたほうがよいかもしれません。

牡丹の栽培記録

年々花数が少なくなったりツボミが開かなかったりすると、何が原因なのだろうと心配になりますよね。

我が家の場合は、全く花が咲かなかったのですが…。

今回、調べてみた結果、花芽が確認できる前に剪定していたのが理由だったということが分かりました。

今年の秋は、花芽と葉芽の区別ができるようになってから切るようにしたいです。

関連記事
牡丹の花は何日間 咲く?開花時期や見頃を迎える季節はいつ?
シャクヤク(芍薬)の育て方!植え替え・株分け時期と方法は?
シャクヤクの花が咲かない!原因と対策は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.