ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ウインターコスモス(ビデンス)の育て方!切り戻し時期と方法は?

更新日:

ウインターコスモス

ウインターコスモスは、秋から冬にかけてコスモスに似た花を咲かせる植物です。

切り戻し時期と方法など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




ウインターコスモス(ビデンス)の特徴

ウインターコスモスの花

北アメリカやメキシコが原産地、キク科センダングサ属(ビデンス属)の一年草、または多年草です。

草丈は20~120cm。
花期は10月~12月。
花色は黄色、白、複色。

花の少なくなる秋から冬にかけて、ちょうどコスモスが咲き終わる時期に入れ替わるように咲き始めます。

コスモスに似た花を咲かせることから、ウインターコスモスと呼ばれています。

ところが、実はコスモスの仲間ではありません。

別属のビデンス属の植物です。そのため、別名、ビデンスと呼ばれます。

和名はキクザキセンダングサといいますが、流通名であるウインターコスモスの名前の方が一般的に知られています。

草丈が高いので花壇の後方に植えると立体的になって見栄えがします。

寄せ植えやプランターに使われることも多く切り花でも楽しめます。

寒さにも比較的強く、丈夫で育てやすいので初心者にお勧めの秋から冬に咲く花です。

関連記事
ガーデニング初心者でも育てやすい!秋から冬に咲く花は?

ウインターコスモス(ビデンス)の育て方

ウインターコスモス

日当たりがよく、風通しの良いところで育てます。

用土は水はけがよければ特に選びません。

植え付けの適期は、9~10月と4~5月です。

地植えする時は苗をポットから取り出したら根についた土を崩さないようにしてそのまま植えつけます。

水やり

地植えの場合は特に必要ありません。

鉢植えの場合は鉢土の表面が乾いてきたら与えます。

真冬は休眠しているので水やりの回数は控えて乾かし気味にします。

植え替え

適期は4~5月です。

地植えの場合、増えすぎて株が混み合っているようなら株分けを兼ねて植え替えを行います。

鉢植えの場合は、根詰まりを起こしやすいので毎年植え替えを行います。

一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けを行います。

冬の管理

耐寒温度は0℃くらいなので多少の霜に当たっても枯れることはありません。

関東地方以南の暖かい地域では庭に植えて冬越しできます。

寒い地域では鉢植えにして霜が降りる時期になったら室内に取り込みましょう。

ウインターコスモス(ビデンス)の切り戻し時期と方法

生育旺盛で草丈がかなり伸び、花が咲く頃には茎が倒れてしまうことがあります。

そのままでも花は咲きますが、きれいに咲かせるには切り戻しをしたほうがよいでしょう。

切り戻し時期は開花前の9~10月が適期です。

伸びた脇芽がすぐに花芽になり、草丈が低いままで花を咲かせることが出来ます。

さいごに

花が少なくなる季節に、長い期間、花が咲き続けてくれるのが嬉しいですね。

ウインターコスモスの黄色の花で花壇がぐっと明るくなりますよ。

関連記事
コスモスの育て方!種まき時期と方法は?草丈を低く育てる2つの方法も紹介!
関東のコスモス畑の名所!見頃とイベント情報を紹介

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.