真夏日・猛暑日続きの1週間!雑草とアリだらけの庭

タンジー

タンジー 2017年7月15日撮影

連日の真夏日・猛暑日で、雑草の成長スピードが加速しているような1週間でした。

涼しくなる夕方に草取りするのが日課ですが、猛暑日を記録した日は午後5時すぎても気温が30度!熱中症になりそうで庭仕事をすべて中止したほどです。

◆先週の最高気温(7月9日~15日)
日曜日 32.9度
月曜日 34.0度
火曜日 35.1度
水曜日 31.3度
木曜日 31.4度
金曜日 34.2度
土曜日 34.1度

平年よりも気温が高い日が続き、暑さに参りそうになっていましたが、昨日は久しぶりの雨。梅雨らしい天気となりました。雨が降ったのは12日ぶりだとか。

朝晩の水やりだけでは足りず、カラカラになっていた庭の植物には恵の雨です。

庭がアリだらけ!タンジーのアリよけ効果は?

庭の空き地部分の草取りをしていたら、異常にアリが多くて驚いてしまいました。

花壇から離れている場所で特に実害はありません。このまま放置しておくべきか迷っているところです。

アリには毎年悩まされていて、昨年は、タンジーというアリよけ効果があるハーブの苗をネット通販で購入しました。アリの活動シーズンが過ぎた後だったので、とりあえず空いている場所に地植えして冬を越しました。

今年の春、花壇にアリの巣を発見したとき、タンジーの出番がやってきたとばかり、駆除剤を散布後に植え付け。

果たして、本当に効果があるのかな?と興味津々で様子をみていたのですが、確かにアリを見かけることが少なくなった気がします…。効果があったと思ってよさそう。

やはり、アリがうじゃうじゃといて気持ち悪いという理由だけで薬剤を散布するのは気が引けます。植物でアリ除けするほうが自然にも優しいですよね。

タンジーは繁殖力が旺盛で増えすぎる心配もありますが、試しに、アリが来てほしくない場所、数か所に植え付けてみるつもりでいます。

アリといえば、強い毒を持つ「ヒアリ」が各地の港湾で見つかったというニュース、心配です。ひとつでも成熟した巣ができてしまえば、そこから多数の女王アリが飛び出し、あっという間に各地に広がる可能性があるそうですよ。

思わず、アリを見かけたら、薬剤を散布して根絶やしにしたほうがよいのでは?などと過激な考えもチラッと頭をよぎります。

ちなみに、在来種のアリがいれば、そこに飛来した女王アリが巣をつくりにくく、結果としてヒアリの繁殖を抑制できるという研究例があるのだそうです。新聞に載っていました。

身近なアリが助けてくれるということですね。ただ、我が家の庭には、どの種類のアリも来てほしくないとは思いますけれど…。

関連記事
アリ退治 アリは害虫じゃないけれど…
アリが嫌いな植物というのは本当?タンジーの効果と育て方

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ