アルケミラ モリス(レディースマントル)の特徴と育て方【栽培記録も紹介】

ハゴロモグサ(羽衣草)

アルケミラ モリス(レディースマントル)は初夏に黄緑色の花を咲かせるハーブです。

イングリッシュガーデンでは欠かせない花としても知られています。

今回は、アルケミラ モリス(レディースマントル)の特徴と育て方ポイント、栽培記録を紹介します。

スポンサーリンク

アルケミラ モリスの特徴

アルケミラ モリス

ヨーロッパ北部からアジア北部が原産のバラ科の多年草です。

別名、レディースマントル(Lady’s mantle)、ハゴロモグサ(羽衣草)とも呼ばれます。

レディースマントルという名前は葉の形が聖母マリアのマントに似ていることに由来します。

ヨーロッパでは古くから親しまれてきた植物で、若葉はそのままサラダに、乾燥したものはハーブティーに使われます。

ハーブティーは様々な婦人病に効果的といわれています。

切花・ドライフラワー・押し花としても利用されます。

花期は5~7月。小さな黄色い花を株いっぱいに咲かせます。

草丈は30cmほど。葉は銀白色がかった緑色で軟毛に被われます。

地面を這うように広がるのでグランドカバーにも向いています。

冷涼な気候を好むので寒冷地では放っておいてもよく茂ります。

一方、暖地では暑さで夏越しできないこともあります。

アルケミラ モリスの育て方

アルケミラ モリスの花

日向~明るい半日陰がよいですが日陰でも良く育ちます。

ただし、夏場は直射日光が当たるところは避けましょう。

植え付けは、春か秋に行ないます。

花後は蒸れを防ぐため、切り戻しをして風通しを良くしましょう。

かなり短く切っても大丈夫です。

秋になると再び葉が茂ってきます。

水やり

鉢植えの場合、土の表面が乾いたら与えます。

地植えの場合は、特に必要ありません。

肥料

春と秋に固形肥料の置き肥を与えるか、液肥を2週間に1回程度与えます。

肥料が多すぎると葉ばかり茂り、花が咲かないことがあるので注意してください。

増やし方

こぼれ種から発芽したアルケミラ モリス
株分けで増やせるほか、こぼれダネでも増えます。

植え替え

株は太い根茎が横に伸びて広がっていきます。

地植えの場合、株の中心部が枯れてくるので3年を目安に株分けをして植え直します。

鉢植えでは、毎年か1年おきに植え替えをします。

アルケミラ モリスの栽培記録

アルケミラ モリス

パッとひと目を引く姿ではありませんが、なかなか可愛らしい植物ですね。

なんといっても「葉」がいいです。

ビロードのような手触りで触ると気持ちよくて癒されますね!

庭に出て目に付くと、つい葉っぱを触るのがクセになってしまいました。

アルケミラ モリスのツボミ

実際に育ててみた感想としては、とにかく育てやすい植物です。

病害虫が発生することはありません。

寒冷地で冬の間は雪に埋もれてしまいますが寒さで株が傷むこともありません。

放っておいても問題なく育ち、花を咲かせてくれるので初心者にも向いていると思います。

【追記】
ハゴロモグサ2019年6月撮影

ハゴロモグサ2019年6月撮影

株を別の場所に移動させたのですが、以前、地植えしていた場所から芽が出てきました。

翌年に芽が出るのは珍しいことではないのですが…。

おそらく3年くらい経ってからの発芽だったので驚いています。

タネはずっと休眠していたことになりますね。

発芽するタイミングはいったい何だったのだろうと考えると不思議な気がします。

関連記事
雑草はどこからやってくる?種を蒔かないのに生える理由!
名前の分からない植物たち

タイトルとURLをコピーしました