キキョウ(桔梗)の育て方

kikyou02

キキョウはキキョウ科の耐寒性多年草です。日本全土、朝鮮半島、中国東北部にわたって自生しています。

日本では山野の日当たりの良い所に育ちます。英名のバルーンフラワーは、つぼみがふくらんだ風船のような形からついています。

秋の七草のひとつとして親しまれ、古くから栽培もされてきました。

キキョウは独特の花の形から、家紋に使われたり、陰陽道のシンボルに使われたりもしていて、馴染みのある花といえますね。

開花期は7~10月ごろまでで長く咲きます。

自生するもののほとんどは青紫色で一重咲きですが、園芸品種には白や桃色の花をつけるもの、鉢植え向きの草丈が低いもの、二重咲きになる品種などがあります。

また、花を鑑賞するだけでなく、根は薬草として使われます。

キキョウ(桔梗)の育て方

キキョウは、病害虫もあまり発生せず丈夫なので、初心者でも育てやすい植物です。

日当たりと水はけのよい場所が適しています。肥沃な土壌を好むので、植え付けるときは腐葉土などを多めに混ぜておきます。

肥料は、春と秋に緩効性肥料を与えます。

植え替えの適期は、成長期前の3月ごろか、花が終わった10月ごろです。

キキョウは、実生、株分け、挿し木で増やすことが出来ますが、園芸用に改良されたキキョウでの挿し木は成功率がかなり低いそうです。

キキョウは冬になると葉が落ちてしまい地上部はなくなりますが、春に新芽がでてきます。

ちなみに、地上部がなくなってしまうと植えていることをうっかり忘れてしまうというのは私だけ?

別の植物を植え付けようと春に間違って掘り起こして枯らしてしまうという凡ミスをしてからというもの、地上部がなくなる植物のそばにはラベルをつけるようにしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ