一年草カスミソウの育て方

カスミソウは、花束やフラワーアレンジメント、ドライフラワーとして人気のある花です。

hanataba

一年草のものと多年草のものがありますが、ここでは、一年草カスミソウの育て方を紹介します。

一年草カスミソウには、花壇などに植えられている白色の大輪品種コベントガーデンマーケット、そのほかにエレガンスやジプシーなどの品種があります。

花色は、白の他にピンク、薄紫などがあります。

一年草カスミソウの育て方

一年草カスミソウは秋に種まきすると、春から初夏に咲いて夏には枯れます。

酸性土壌が苦手なので、種まきの前に苦土石灰をまいて中和しておきましょう。

10月頃の適期に蒔いて、芽が出るまで決して乾かさないように管理します。

本葉が4~5枚出たころに植え替えます。

日なたから半日陰で、風通しの良い場所で育てます。

水やりは、土の表面が乾いてからたっぷりと与えましょう。

肥料は控えめにした方が花がたくさん咲きます。

カスミソウは草丈が高くなるので、成長する前にフラワーネットを張って倒伏を防ぎます。

花後は枝ごと切り取り、風通しを良くして蒸れを防ぎます。

切り取った花は、ドライフラワーにして楽しむのもオススメ。

カスミソウはドライフラワーに向いている花です。

風通しのよい所につるして自然に乾燥させる方法で手軽に作ることができます。

ドライインウォーター法といって、水に挿したまま少しずつ乾燥させてドライフラワーにする方法もあります。

作り方は、少しの水を入れたコップに1~2週間花を挿したままにしておくだけ。

自然にドライフラワーになります。

カスミソウのほかに、アジサイもこの方法でドライフラワーを作ることができます。