ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策のほか管理人の栽培記録もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

ヘチマ(糸瓜)の育て方!摘芯時期と方法は?

投稿日:

ヘチマ

ヘチマは昔から育てられているお馴染みの植物ですね。

最近では、グリーンカーテン向きの植物として再注目されています。

この記事では、ヘチマの育て方と収穫後の楽しみ方を紹介します。

スポンサーリンク




ヘチマの特徴

熱帯アジア原産、ウリ科の一年草です。

日本には室町時代に中国から渡来しました。

つる性で、巻きひげで他のものに絡みつきながら生長します。

丈夫で成長力も旺盛、暑さや日差しに強く、昔から夏の日よけ
として家庭の軒先で栽培されてきました。

開花時期は植え付け時期によりますが早いと7月から10月初旬までと長いです。

暑い夏の時期に黄色の大きな花を咲かせます。

雌雄同株なので実がつきやすいのが特徴です。

ヘチマの育て方

ヘチマの花

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。

種からでも育てられますが、気温が低いと発芽しづらいです。

気温が25度を超えると数日で発芽します。
5月に入ってから種まきをするとよいでしょう。

一般的には、ホームセンターや園芸店で販売される苗を購入します。

苗をポットから出したら土を崩さないようにして
そのまま植え付けましょう。

苗は、鉢植えなら9号以上の大きい鉢に1つ、
幅60cmくらいのプランターなら2つを目安にします。

用土は、市販の野菜用培養土を使います。

水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えます。

生育が旺盛な植物なので肥料は定期的に与えます。
植え付けてから2週間後に最初の追肥を与え、
その後は2週間おきに追肥しましょう。

病害虫は特にありません。
ただ、風通しが悪かったりすると、うどん粉が発生することがあります。
葉に白い粉のようなものが出ていたら、早めに摘み取りましょう。

ヘチマの摘芯時期・方法は?

グリーンカーテンとして育てる場合は、本葉5~6枚のころ、
親づるを摘芯します。

この摘芯を行うことで、子づるが増えます。

子づるを更にまた摘芯すると孫づるも増え、結果的に
カーテンも広がっていきます。

ヘチマの収穫時期は?

グリーンカーテン以外にヘチマの利用方法は3つあります。

【食用】
開花後8~10日の若い果実を、長さ20~30cmで収穫します。

【たわし】
開花から40~50日後、長さ50~60cmと大きく育った果実を収穫します。

【ヘチマ水】
生育旺盛な8月中旬~9月中旬に、
地際から50cmぐらいのところで茎を斜めに切ります。
根から吸い上げられてくる樹液を瓶などにとります。

さいごに

ヘチマはゴーヤーと同じウリ科なので、
栽培の仕方もゴーヤーとほぼ同じです。

大き目の鉢やプランターで水を十分やれば、
放任しててもそれなりに育ってくれるので
初心者にも育てやすいのが嬉しいですね。

今年の暑さ対策にヘチマを育ててみませんか?

関連記事
グリーンカーテンの作り方!おすすめ植物と植える時期は?
オーシャンブルー(琉球朝顔)は緑のカーテンにオススメ!育て方のポイントは?
ゴーヤーの育て方!摘芯時期と方法は?
フウセンカズラの育て方!種まき時期と方法は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.