ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ユーパトリウム(セイヨウフジバカマ)の育て方

更新日:

hujibakama01

ふんわりと柔らかい雰囲気の花を咲かせるユーパトリウム。

実は、セイヨウフジバカマ、ミストフラワー、玉咲きフジバカマなど多くの流通名をもつ植物です。

この記事では、学名「ユーパトリウム セレスチナム(コエレスティナム)」の育て方や実際に育ててみた感想を紹介しています。

スポンサーリンク




ユーパトリウム(セイヨウフジバカマ)の特徴

アメリカ中・東部~メキシコ、西インド諸島が原産、キク科の多年草です。

草丈は50㎝~100㎝。
花期は7月~10月。

花色は基本種の青紫の他、白があります。

ユーパトリウムの名前は旧属名が流通名として定着したものといわれています。

現在はコノクリニウム属に分類されていて正確な名前はコノクリニウムということになります。

ただ、ホームセンターなどでは、
・セイヨウフジバカマ(西洋フジバカマ)
・アオバナフジバカマ(青花フジバカマ)

という名前で販売されていることが多いです。

理由は、かつてフジバカマと同じユーパトリウム属に分類されていたことに由来しているのだとか。

ややこしいですね。

「フジバカマ」という名前から秋の七草のひとつ「藤袴」と混同する人もいるかもしれませんね。

ユーパトリウム(セイヨウフジバカマ)の育て方

暑さ・寒さに強く、丈夫なので初心者でも育てやすい植物です。

日当たりの良い場所か明るい半日陰で育てます。

地下茎でどんどん増えます。

庭植えの場合は土の中を板で仕切っておき広がりすぎないようにするとよいでしょう。

冬には地上部が枯れてしまいますが、春に再び芽吹きます。

ユーパトリウム(セイヨウフジバカマ)の栽培記録

hujibakama02

セイヨウフジバカマの苗を実家からもらい地植えで育てています。

ネットで調べてみると別名が驚くほどたくさんありました。

・ユーパトリウム
・セレスチナム(コエレスティナム)アルバ
・玉咲きフジバカマ
・ミストフラワー
・コノキリニウム セレスチナム など

一般的なフジバカマと同じ仲間ですがフジバカマとセイヨウフジバカマ、草姿がずいぶんと違います。

ちなみに、セイヨウフジバカマはグランドカバーにも向いているそうです。

水やりもせず放置状態ですが問題なく育って花が咲いています。

春から初夏までは生長がゆっくりでしたが8月に入ってから、ぐんぐん伸びて下旬には花が咲き始めました。

ただ、青い花と白い花の2種類あったのに今年は青い花の咲く株が消えてしまったことが残念です。

一緒に植えると青い花のほうがなくなってしまうよ、と言われていたのが本当になってしまいました。

現在、隣に植えてあるジャーマンアイリスのほうにまで広がってきてしまいました。

植え替えが必要なのですが…。

どこに変えるべきなのか検討中です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.