ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

スイートピーの育て方!種まき時期や方法は?

更新日:

sweetpea01

スイートピーは甘い香りとカラフルな花色、蝶のような花の形が可愛らしい植物です。

特徴と品種、種まき時期や手入れのコツなどスイートピーの育て方を紹介します。

スポンサーリンク




スイートピーの特徴

sweetpea02

スイートピーはイタリアが原産地、マメ科のつる性植物です。

甘い香りがするため「甘い(sweet)豆(pea)」という名がつきました。

花束やアレンジメント、ブーケなどに使われることが多いです。

品種


【種子】スイートピー(混合)トーホクのタネ

一年草と宿根タイプに分けられます。

また、次のように開花する時期によって分けることもあります。

・春咲き品種
・夏咲き品種
・冬咲き品種

「ロイヤル」シリーズ
花径4cmほどの巨大輪が咲く。高性品種。

「キューピッド」シリーズ
つるがあまり伸びない。矮性品種。

「リップル」シリーズ
覆輪に吹きかけ模様が花弁に入る。花色が多彩。

宿根スイートピー
開花期は6月から8月。花は早くしおれるが次々と咲く。

スイートピーの育て方【種まき時期と方法】

sweetpea03

一年草タイプは10~11月に種まきをします。
寒冷地では3月~5月初旬が適期です。

酸性土壌を嫌うので地植えの場合は消石灰を混ぜ合わしておきましょう。

硬実種子(こうじつしゅし)といって種の表面が非常に硬いという特徴があります。

芽が出やすくするために水に一晩つけてからまくのがポイントです。

スイートピーは植え替えを嫌う植物で移植時に根を傷めると花が咲きません。

花を咲かせたい場所に、直接、種をまきましょう。

まく場所が空いていない場合はポットにまいて育苗します。

発芽しないこともあるので1ヶ所に2~3粒まとめてまきます。

発芽したらよいのを選んで1本だけ残しましょう。

スイートピーの育て方【支柱の立て方と手入れ方法】

日当たりと風通しが良いところを好みます。

日当たりが悪いと花つきが悪くなりツボミがついても落ちてしまうことがあります。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

支柱の立て方

草丈が高くなる品種はそのままにしておくと倒れてしまいます。

支柱をたてて、まきヒゲがからみつくようにします。

矮性種なら支柱なしでも花壇や鉢植えで気軽に楽しめます。

摘芯

草丈が20cmくらいに伸びたら5から6節を目安に上の部分を摘み取ります。

すると、わき芽が伸びてきて枝数が増えます。

花がら摘み

花が咲き終わったら摘み取るようにしましょう。
そのままにしておくと、栄養がとられてしまいます。

肥料

基本的に肥料は少なくて大丈夫です。

スイートピーの栽培記録

発芽したスイートピー

スイートピーの種をもらったので庭にまいてみました。

しかし、一向に芽が出る気配がありません…。

種まきしたことを忘れてしまったころに3つ芽がでました。

タネは10個以上あったので発芽率、低かったですね。

もしかしたら、蒔いた時期が発芽に適した気温ではなかったのかもしれないと、後になって気が付きました。

初心者は、ホームセンターや園芸店でポット苗を購入したほうが失敗する可能性が低いかもしれませんね。

関連記事
スイートピーの開花とヘンルーダにチョウの幼虫発見【2017年7月】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.