ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです

楽して楽しむガーデニング

ヤブランの育て方!植え替え時期と株分けの方法は?

更新日:

ヤブラン

美しい葉と花、そして実が楽しめるヤブランをご存知ですか?

花壇やアプローチの縁取りなどに利用される定番植物です。

ヤブランの特徴、花言葉、株分けなど育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




ヤブランの種類と特徴

ヤブランの花

日本・東アジアが原産、キジカクシ科の多年草です(ユリ科で分類される場合もあります)。

名前に「ラン」とついていますが、ラン科ではありません。

漢字では「藪蘭」、別名、リリオペとも呼ばれます。

草丈は20~40cm。
葉は細長い形です。常緑なので冬でも青々と葉を茂らせます。

開花期は8~10月。
長い穂を伸ばして青紫から白色の花を咲かせ、秋から冬に実をつけます。

ジャノヒゲと草姿が似ていますが、実の色で区別できます。

ヤブランの実

ジャノヒゲの実は青紫、ヤブランの実は黒です。

ヤブランの種類は5つあります。

その中で、日本で自生しているのはヤブラン・ヒメヤブラン・コヤブランの3つです。

美しい葉と花を楽しめるヤブランは日本庭園や和風庭園などで使用される事が多い定番の植物です。

洋風、和風、どちらにも合うので花壇やアプローチの縁取り、寄せ植えなどで楽しむことができます。

日陰の通路やグランドカバーにも適した植物です。

斑入りの品種を選んで植え付ければ日陰の庭が明るくなりますよ。

花言葉:謙虚、隠された心、忍耐

ヤブランの育て方

ヤブラン

暑さにも寒さにも強く、丈夫なので初心者でも育てやすい植物です。

真夏と真冬を除き、ほぼ一年中植えつけができますが適期は4~6月頃と9月下旬~10月頃です。

地植えした場合、手入れは特に必要ありません。

植えっぱなしでも大丈夫です。

水やりは、鉢植えの場合は鉢土の表面が乾いたら与えます。

地植えの場合は必要ありません。

肥料は緩効性の化成肥料や液体肥料などを生育期の春から秋まで与えます。

ヤブランの植え替え時期と株分けの方法

ヤブラン

地植えの場合、5~6年間は、植えっぱなしで大丈夫です。

株の増え具合や生育の様子を見て、株分けや植え直しを行いましょう。

鉢植えの場合は、2~3年を目安に植え直します。

株を土から掘り返したら、手や刃物で分けていきます。

それぞれの株に、3~5芽つくようにするのがポイントです。

あまり細かく分けすぎると枯れてしまうので注意しましょう。

ヤブランの切り戻しによる手入れ

冬の寒い時期は葉が枯れたりして見ばえが悪くなってきます。

3月頃、新芽が出てくる前に古い葉を根元から切り取っておくとよいでしょう。

春になると新しい葉がきれいに出揃います。

最後に

ヤブランは、日陰のグランドカバーとしてもオススメの植物です。

花・葉・実が楽しめるうえに、手間が掛からないので初心者にもピッタリ!

日当たりが良くない場所に何を植えたらよいか迷ったらヤブランがいいかもしれませんね。

斑入りの品種なら日陰の庭も明るくなりそうです。

関連記事
リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の育て方!日陰のグランドカバーにおすすめ植物!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-日陰の庭
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.