ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策のほか管理人の栽培記録もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

アガパンサスの育て方!植え替え・株分け時期はいつ?花が咲かない原因も紹介!

更新日:

アガパンサス

アガパンサスの植え替え・株分けなど
育て方のポイントを紹介します。

花が咲かない原因も調べてみました。

スポンサーリンク




アガパンサスの特徴

ユリ科の多年草で南アフリカが原産です。

花壇や公園などの植え込みに使われるほか、
切り花用としても人気があります。

園芸品種は300以上もあり、
大型種から小型種、長い筒状の花、
短い杯状の花など、バラエティに富んでいます。

種類は全く違いますが、クンシランに似た花や
草姿をしています。

そのため、別名、ムラサキクンシランとも呼ばれます。

一年中葉が茂る常緑種と、
冬は葉が枯れて休眠する落葉種があります。

寒さに関しては、落葉種は強いですが
常緑種は、それほど寒さに強くありません。

暑さに関しては、常緑種・落葉種ともに強いです。

なので、

常緑種は比較的温暖な地域に適し、
落葉種は寒冷地に適します。

種類によって草丈や株の大きさが
違うので、育てる場所に合わせて、
品種を選ぶとよいでしょう。

基本的に丈夫で育てやすいので
初心者にも向いています。

アガパンサスの育て方

アガパンサス

日当たりと水はけのよいところで育てましょう。

日陰でも育てられますが、花つきは悪くなります。

冬もできるだけ日に当てます。

落葉性は、冬、日陰でもかまいません。

水やりは、乾いたら、たっぷりと与えます。

乾燥には強いので、しばらく水やりを忘れても
枯れることはありません。

肥料は、それほど必要としません。

庭植えでは植え付けのときに堆肥などを
混ぜておき、春と秋に株のまわりに
化成肥料を少量ばらまく程度で充分です。

鉢植えでは生育期間中、月に2~3回
薄い液体肥料を与えておくと、
花つきがよくなります。

病害虫は、ほとんど発生しません。

アガパンサスの植え替え・株分け時期

適期は、3~4月と9~10月です。

庭植えでは、4~5年は植えっぱなしで構いません。

よほど込みすぎたり、生育スペースがなくなったり
しなければ、10年近く植えっぱなしでもかまいません。

鉢植えは、3~4年を目安に
株分けして植え直しをします。

植え替えをする時に一緒に株を分けます。

1株3~4芽を目安に株分けしましょう。

株分けのときに折れた芽や根が少ないものは、
挿し芽すると苗が作れます。

アガパンサスの花が咲かない原因は?

考えられる原因には、次のようなことがあります。

・根詰まり
・根腐れ
・日光不足

また、株分けするときに、細かく分けすぎると
花が咲かないことがあります。

花が咲かない⇒株が小さい・育っていない
ということなのでしょう。

矮性種など品種による違いも
多少はあるのかもしれません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, , , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.