ペンステモンの種類と育て方!夏越しの方法は?

ペンステモン

ペンステモンは初夏から秋にかけて真っ直ぐに伸びた花茎に釣鐘型の花をたくさん咲かせる植物です。

開花期間が長く花のない時期もカラーリーフとして楽しめる品種もあります。

ペンステモンの種類と育て方、暖地での夏越しポイントを紹介します。

スポンサーリンク

ペンステモンの特徴

ペンステモン

ゴマノハグサ科の植物で、原産地は北米です。
(オオバコ科で分類される場合もあります)

もともとは多年草ですが高温多湿に弱く夏に枯れてしまうこともあります。

そのため日本では秋まきの1年草として扱われることが多いです。

開花期は5~8月ころ。釣り鐘状の花を咲かせます。

花色は、紅・紫薄紫・ピンク・白など。

縦長の花穂に中くらいの大きさの花が密生して咲く様子は見ごたえ抜群です!

別名、ヤナギチョウジ、ツリガネヤナギとも呼ばれます。

ペンステモンの種類・品種

ペンステモン

250種類ぐらいの原種があり、たくさんの園芸品種が販売されています。

高温多湿に弱いとされていますが全てが同じ性質というわけではなく、比較的夏に強い種類もあります。

主な品種には次のようなものがあります。

ペンステモン・ハスカーレッド

暑さにも寒さにも強い多年草タイプの種類です。

銅葉が美しいので花のない季節にはカラーリーフとしても楽しむ事ができます。

草丈が1m前後になるので花壇の後方に植えると庭に立体感がでます。

ペンステモン・ダーク タワー

ハスカーレッドに似ていますが高温時の葉色がより濃いのが特徴です。

ピンクの花色と銅葉のコントラストが美しいです。

高温多湿に注意すれば暑さや寒さにも耐え、とても丈夫です。

暖地、寒冷地を問わず植栽できます。

ペンステモン エレクトリックブルー

鮮やかなブルーのグラデーションが美しい品種。

筒状の花は3cmほどの大きさ。草丈は約40cmです。

ペンステモンの育て方

ペンステモン

ペンステモンは種まきから育てるのは少し難しいので苗を購入したほうが簡単です。

日当たりの良い所で育てます。

ただし、高温多湿に弱いため夏は風通しのよい涼しい日陰で管理してください。

花がらは早めに摘み取ります。

株分けや挿し木で増やすことができます。

水やり

鉢植えの場合、土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えましょう。

多湿に弱いので水の与えすぎに注意します。

庭植えでは特に与える必要はありません。

肥料

植え付け前にゆっくり効くタイプの肥料を与えましょう。

開花時期には液体肥料を与えます。

ペンステモンを暖地で夏越しさせるポイントは?

ペンステモン

暖地では夏の高温多湿や長雨による蒸れで枯れてしまうことがあります。

花が咲き終わったら切り戻しを行って風通しを良くしましょう。

切る位置は株元から2分の1から3分の2くらいです。

鉢植えの場合は、雨の日は軒下などに入れて雨に当たらないように管理します。

さいごに

暖地では夏越しがむずかしいといわれるペンステモンですが品種を選べば多年草として楽しむことが可能かもしれません。

ハスカーレッドやダークタワーのように丈夫な品種なら高温多湿に注意すれば放置状態でも大丈夫といわれています。

実家(青森県)ではペンステモンが増えすぎて困ると言っています。

寒冷地では夏越しもむずかしくなく育てやすい植物といえそうです。

【追記・栽培記録】

ペンステモンの苗

4月末、実家から苗をもらいました。品種名は分かりません。

ペンステモンの苗の植え付け

鉢から取り出して植え付けます。

地植えしたペンステモン

葉色がちょっと変わっているのでカラーリーフとしても楽しめそうです。

ペンステモン全体

どんどん伸びて草丈が1mを超えました。

ペンステモン株元

株元には葉がたくさんついてしますが花茎はヒョロヒョロとしています。

5月は曇りの日が多かったので日照不足が影響しているのでしょうか?

ペンステモンの花

6月上旬、花が咲き始めました。

花後のペンステモン
花後のようす。しっかりと熟したら種を採りたいと思います。

寒冷地では種まきの適期は春ですが、うまく発芽させられるか心配です。

放っておいて、こぼれ種で自然に発芽させたほうがよいのかもしれません。

関連記事
春花壇に何を植える?初心者にも育てやすい花を紹介!
ガーデニング初心者でも育てやすい!夏から秋に咲く花は?
ガーデニング初心者でも育てやすい!秋から冬に咲く花は?

タイトルとURLをコピーしました