シャガ(著莪)の特徴と育て方!ヒメシャガの栽培記録も紹介!

シャガ(著莪/射干)の花

シャガ(著莪/射干)の花をご存じですか?

お寺の境内や庭園などで群生しているのを見かけたという人もいるかもしれませんね。

今回はシャガの特徴と育て方、近縁種ヒメシャガの栽培記録を紹介します。

スポンサーリンク

シャガの特徴

シャガ(著莪/射干)の花

シャガは中国原産のアヤメ科の常緑多年草です。

日本には古い時代に渡来したといわれ、全国各地の山林などで普通に見られる帰化植物のひとつです。

草丈:30~70cm
開花期:4~5月
花色:白、薄紫色

細長い葉を扇状につけ、葉の中心部から花茎を伸ばし花を咲かせます。

花は1日でしぼんでしまいますが次々と開花します。

非常に丈夫で日当たりの悪い場所でも十分に育ち、常緑の葉を持つことから日陰のグランドカバーにも適しています。

ヒメシャガとの違い

ヒメシャガ

ヒメシャガはシャガの近縁種で日本特産の多年草です。

草丈は20~30cmと低くシャガに似た花を咲かせます。

シャガとヒメシャガは同じアヤメ科の多年草ですが次のような違いがあります。

・シャガの葉は光沢がある。冬でも葉が残る常緑性。
・ヒメシャガの葉は光沢がない。冬は葉が枯れる落葉性。

・シャガは種をつけない。
・ヒメシャガは種をつける。

名前の由来

「シャガ」で検索すると「射干、著莪、胡蝶花」といった漢字がみつかります。

調べてみると「胡蝶花(コチョウカ)」は別名、「射干、著莪」は和名のようです。

名前の由来は諸説あり「射干」は同じアヤメ属の檜扇(ヒオウギ)の漢名である「射干」を音読みして「シャガ」と名付けられたといわれています。

著莪の名前の由来は分かりませんでした。当て字なのかもしれません。

ヒオウギときいて思い出したのがこの植物。

葉の付き方が檜扇(ヒオウギ)のようなので、別名、ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)とも呼ばれます。
↓ ↓ ↓
モントブレチア(クロコスミア)の特徴と育て方

群生地の名所

シャガの群生地

シャガは地下茎を伸ばして増えるので大きな群落をつくるのが普通です。

一面に花が咲く様子は圧巻のひとこと。主な名所は次の通り。

・京都府綾部市 「水源の里 老富(おいとみ)」

・埼玉県比企郡ときがわ町 「慈光山歴史公苑」

・福島県いわき市高倉町 「高蔵寺」

シャガの育て方

シャガ

湿り気がある半日陰を好みます。

ただし、全く光が当たらないと花つきが悪くなります。

大きな木の根元などの明るい日陰に植えるとよいでしょう。

水はけがよければ土質は選びません。

鉢植えでは市販の草花用培養土を使うと簡単です。

水やり

地植えの場合は、特に必要ありません。

鉢植えの場合は、常に湿った状態は避け、表土が乾き気味になったらたっぷりと与えます。

肥料

地植えの場合は、特に必要ありません。

鉢植えの場合は、花後に緩効性の固形肥料を与えます。

病害虫

ほとんどありません。

植え替え

繁殖力が非常に強く根詰まりを起こしやすいので鉢植えの場合は毎年植え替えます。

地植えの場合は、特に植え替えの必要はありません。

混みあってきたら、3年を目安に掘り上げて株分けします。

増やし方

種をつけない植物なので株分けで増やします。

植え替え時に、3~5芽で1株になるように分けて植え付けます。

ヒメシャガの栽培記録

ヒメシャガ

ヒメシャガを地植えで育てたことがあります。

水やりなし、肥料なし、夏場の直射日光が当たる場所という環境でも毎年花を咲かせてくれました。

明るい日陰が適しているはずですが日向でも元気なのは寒冷地(青森)だからでしょうか?

とにかく放っておいても問題なく育ってくれるのでズボラな私にとってはありがたい植物です。

雪が積もる冬の間、地上部は枯れているので防寒対策の必要はありません。

増えやすいので3年に1回くらいは植え替えたほうがよいようです。

さいごに:シャガは三倍体植物

シャガ

今回はシャガの特徴と育て方、近縁種ヒメシャガの栽培記録を紹介しました。

日本に古くからあるとはいえ、他のアヤメの仲間と区別がつかないという人もいるかもしれません。

見たことはあるけれど名前を知らないということもありそうですね。

実は、私も長い間、ヒメシャガの名前を知らずに育てていました。

なので日当たりの良い場所に植えっぱなしということをしていたわけです。

丈夫な植物で本当に良かったです。

三倍体とは

日本のシャガが種をつけない理由は三倍体だから。

といわれても、全く意味が分かりません。

調べてみると、これは染色体が三倍ということだそうです。

ここからちょっとむずかしい話をしますね。

一般的に人間も含めた多くの生物は二倍体です。

これは、父親からの遺伝子1セットと母親からの遺伝子1セット、あわせて2セットの染色体をもっているという意味です。

ところが、植物の場合は染色体が二倍になる四倍体の植物ができることがあるそうです。

そして、二倍体植物と四倍体植物から雑種ができると三倍体になります。

種ができるかどうかは染色体の数がきっちり半分になるかどうかで決まります。

四倍体植物は種ができますが、三倍体植物は奇数なので種をつくることができません。

三倍体植物は、自然界でもできますし人工的に作ることもできます。

例えば「種なしスイカ」は人工的に作られた三倍体植物、「バナナ」は自然界でできた三倍体植物だそうです。

バナナに種がないのは当たり前と思っていませんか。

じつは、販売されているバナナに種がないのは三倍体だからだそうですよ。

二倍体のバナナは実がもっと小さく種がぎっしりと詰まっているのだとか。

食用品種のバナナは種ができないので挿し木で増やすそうです。

三倍体の植物は花ではヒヤシンス、カンナ、チューリップなど。

ただし、すべてが三倍体というわけでなく二倍体、四倍体の品種もあるらしいです。

三倍体は種に使われるエネルギーが成長に用いられるため大きく育つメリットがあるそうです。

そのため、果物や野菜の品種改良で三倍体が作られることも。

種を取ることができないので、接木や球根など栄養繁殖を利用して栽培されています。

シャガが種をつけないのは三倍体しかないからというのはなんとなく理解できました。

仮に、二倍体も存在していたなら、たくさんの品種がうまれていたかもしれませんね。

日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子を持っているという話から私はソメイヨシノのことを思い浮かべました。

全国のソメイヨシノは同じ遺伝子のクローンだという話
↓ ↓ ↓
桜の開花宣言に使われる標準木とは?ソメイヨシノが標本木に選ばれる理由!

関連記事
アヤメとカキツバタとショウブの違いは?見分け方のポイントを紹介!
ハナショウブ(花菖蒲)の育て方!植え替え・株分け時期と方法は?
ジャーマンアイリスの育て方!植え替え時期と方法は?

タイトルとURLをコピーしました