ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

ハナショウブ(花菖蒲)の育て方!株分け時期や方法は?

更新日:

ハナショウブ

ハナショウブはアジサイと共に梅雨の時期に咲く代表的な植物ですね。

ハナショウブの名所で群生して咲く姿は見ごたえがあります。

この記事では、株分け時期・方法などハナショウブの基本の育て方の基本を紹介します。

スポンサーリンク




ハナショウブの特徴

ハナショウブ(花菖蒲)はアヤメ科の多年草です。

花の色は、ピンク、紫、青など。
開花期は、5~7月ごろです。

野生のノハナショウブをもとに、数多くの品種が育成され、
現在2000以上あるといわれています。

花形は、3枚の弁が大きく目立つ三英咲き(さんえいざき)
6枚の弁が広がる六英咲き(ろくえいざき)、八重咲きなどがあります。

品種の育成地によって、江戸系・伊勢系・肥後系に分けることができます。

病虫害が少なく、育てやすい花のひとつといえるでしょう。

ちなみに、端午の節句で利用されるショウブはサトイモ科。
ハナショウブとは違う植物です。

ハナショウブの育て方

ハナショウブはカキツバタほどではありませんが湿気を好みます。

水やりさえ頻繁にできるのなら、地植えでも鉢植えでも育てれます。

真夏は毎日朝晩、たっぷりと水を与えます。

根腐れしにくいので真夏は鉢皿に水をためた腰水にした方が育てやすいでしょう。

なるべく日当たりの良いところに植えます。

少なくとも半日以上、日の当たるところにしましょう。

市販の園芸用土でも育成できます。

土質は特に選びません。よく耕して庭土をそのまま使っても大丈夫です。

弱酸性を好みます。

土づくりのつもりで石灰を加えるとアルカリ性に
近づけることになりかねないので気をつけましょう。

苗の植え付け時期は早春と秋です。

湿気を好みますが日当たりが悪いと花が咲かなくなるので、
庭では木陰などを避けて植えつけます。

20~30cmくらいの間隔で、やや浅植えにします。

肥料は花後の6月と2月ごろに完熟堆肥を少し控えめに与えます。

ハナショウブの植え替え・株分け時期

植えっぱなしにしておくと、混み合って花つきが悪くなります。

鉢植えの場合は毎年、地植えでも3年に1回は、
植え替え・株分けを行ないましょう。

時期は、花後の6月が適しています。

根茎を適当に切り分け、葉も半分くらい切ってから植えつけます。

関連記事
アヤメとカキツバタとショウブの違いとは?見分け方のポイント

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.