ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策のほか管理人の栽培記録もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

マリーゴールドの育て方!ポット苗を植え付けるコツは?

更新日:

マリーゴールド

マリーゴールドは花壇やプランターに植える植物の定番ですね。

値段も手頃なので苗をたくさん買って寄せ植えにするのも素敵です。

この記事では、初心者向きにマリーゴールドをポット苗から育てる方法について紹介します。

スポンサーリンク




マリーゴールドとは|特徴

マリーゴールドはキク科の1年草で原産地はメキシコです。

別名、「万寿菊」「孔雀草」とも呼ばれます。

4月~10月頃と花が咲く期間が長いです。

鮮やかなオレンジ・黄色の花が夏の花壇を彩ってくれます。

花の咲き方は、一重咲き、半八咲き、カーネーション咲きなど。

花の大きさも大小、様々あるのでマリーゴールドだけ集めても楽しい寄せ植えを作ることができますね。

マリーゴールドは、次のような種類があります。

・フレンチ
一般に見かけるカーネーションのような咲き方をします。草丈が30cm前後とコンパクトな株で小輪の花をつけます。

・アフリカン
草丈が50センチほどになり大輪の花をつけます。花径12センチを超す球状の大輪花を咲かせる品種もあります。

・メキシカン
細い切れ葉が特徴的で、和名は「細葉孔雀草」。花径2~3cmの小花をたくさん咲かせます。

【コンパニオンプランツとしてのマリーゴールド】
マリーゴールドは花を楽しむだけではなく、コンパニオンプランツという点からも注目したい植物です。

根や茎には、土の中に潜む線虫(センチュウ)という虫を駆除する成分が含まれています。

スペースがかぎられて輪作しなければならない所では、土壌消毒の役目を果たしてくれる点も見逃せません。

家庭菜園など野菜作りにも役に立ってくれます。

一緒に植えておくと病害虫が発生しにくくなる植物には、
キュウリ・ニンジン・トマト・レタス・ジャガイモ・マメ類などがあります。

マリーゴールドの育て方

マリーゴールド

苗の植え付け時期は、霜の心配がなくなってからがよいでしょう。

強い直射日光が当たっても大丈夫なくらい日光を好みます。

プランターや鉢植えは日当たりと風通しの良いベランダなど戸外に置きましょう。

半日は太陽の光に当てるようにすると元気に育ちます。

水やりは、過湿になると根腐れするので乾燥気味にします。

土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。

夏は葉ダニ予防のために、ときどき葉の表や裏から水をかけ、洗い流すようにするとよいでしょう。

肥料は、固形肥料の置き肥を月1回与えます。
ただし、真夏は特に必要ありません。

チッ素成分の多い肥料を与え過ぎると葉ばかり茂って花つきが悪くなるので気を付けましょう。

開花後に花がらをこまめに摘みとると、次々と花が咲きます。

フレンチ種は30度以上の高温になる真夏は花数が減ります。

1/2から1/3の高さに切り戻すと、初秋に同じように花を咲かせくれ、霜が降りるまで花が咲きます。

マリーゴールドの育て方まとめ

marigold

毎年、春に苗を購入して庭やプランターに植え付けています。

丈夫で育てやすく、手間がかからないので、ガーデニング初心者には嬉しい植物ですね。

放っておいても、黄金色に輝くかわいらしい花が長い間楽しめます。

春はビタミンカラーで元気がでますし、
真夏の暑い時期に咲いている様子をみると夏バテも吹っ飛びそうです。

種蒔きから育てることができますが、初心者はポット苗から育てたほうが簡単でいいと思います。

春になるとホームセンターや園芸店でポット苗が販売されます。

値段も手頃なので鉢植え用、庭植え用と安心してたくさん買えるのが嬉しいですね。

コンパニオンプランツとしても使えるので大いに活用したい植物です。

関連記事
マリーゴールドの花が咲かない!原因と対策は?
春花壇に何を植える?初心者にも育てやすい花を紹介!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.