ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ニチニチソウの育て方!種まき時期や切り戻しの方法は?

更新日:

nichinichisou01

ニチニチソウは暑さに強いので夏の花壇やプランターに向いている植物のひとつです。

丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者にもおすすめ。

今回は、ニチニチソウの種まき時期や切り戻しの方法など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




ニチニチソウの種類と特徴

ニチニチソウ

ニチニチソウはキョウチクトウ科の植物です。

原産地のマダガスカルやジャワでは毎年花を咲かせて生長し低木状になる多年草です。

熱帯で自生しているので暑さには強くても寒さは苦手。

日本では冬越しできなくて枯れてしまうことが多く一年草として扱われています。

開花期は5~10月。

花色は赤紫、桃、白など。

ひとつの花は3~5日しか持ちません。

しかし次々と新しい花を咲かるので長い期間楽しむことができるのが特徴です。

漢字では「日々草」と書きます。

この名前は、毎日花が途切れることなく咲くことから名づけられました。

暑さに強く炎天下でも元気に育つので夏花壇やプランターに欠かすことのできない花のひとつです。

【種類・品種】
ニチニチソウは生育の特性によって次の3種類に分類されています。
①矮性:大きく生長しないタイプ
②立ち性(高性):茎が直立方向に育つタイプ
③這い性:地面を這うように伸びていくタイプ

地植えやプランター、吊り鉢など植える場所に合わせて選びましょう。

また、品種改良が進み花色・花形も多彩になっています。

ニチニチソウの花色といえば赤、白、ピンクが定番ですね。

最近ではオレンジ、黒に近い紫、マーブル模様など今までなかった花色の品種もでてきました。

花の形も「カクタス咲き」「風車咲き」「フリンジ咲き」などの品種が販売されています。

ニチニチソウの種まき時期と方法

ニチニチソウは種から育てることができます。

種は光のあるところや地温の低いところでは発芽しにくいので注意してください。

発芽適温は20~25℃と高めです。

種をまく時期はソメイヨシノの花が咲き終わり八重桜が咲く頃を目安にするとよいでしょう。

直根性(※)なので移植を好みません。

種まき用のビニールポットに種をまいて育てます。

まず、ポットに種をまいたら必ず上から軽く土をかぶせます。

光があたらないようにするのがコツです。

発芽するまでの間、土が乾燥しないよう、こまめに水やりをすることが必要です。

10~14日ほどで発芽します。

本葉が2~3枚になったら、一番生育のよいものを残して他は間引きます。

ある程度大きく育ったら土ごと花壇やプランターに植え付けます。

※直根性とは太い根が地中深く直線的に伸びていく根の性質のことです。

傷つくと再生しにくい根なので折れるとダメージが大きく枯れてしまうこともあります。

植え付ける時は根には触らず土ごと埋めるようにしましょう。

ニチニチソウの育て方のポイント

ニチニチソウ

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。

やや乾き気味を好みます。

鉢植えの場合、水やりは土の表面が乾いたら与えましょう。

水をあまり多く与えると、根腐れで枯らしてしまいます。

梅雨期は軒下などに移動させておくとよいでしょう。

咲き終わった花がらは早めに摘み取ります。

種ができないように花の根元からしっかり摘みましょう。

種ができてふくらんできたものは、サヤごとをつまみ取ります。

肥料は植え付け時に混ぜる緩効性の固形肥料のほか、咲いてからも月に数回液体肥料を与えます。

ニチニチソウの切り戻し時期と方法

ニチニチソウ

切るのは、わき芽が出ている上の位置です。

切る部分の下に葉が数枚残るように切るようにしましょう。

葉が少ない場合、そのまま立ち枯れてしまうことがあるので注意してください。

ニチニチソウの冬越しのコツ

一般に、日本では寒さのため冬になると枯れてしまうニチニチソウ。

しかし、温暖な地域では冬場に室内に取り込めば冬越しできる可能性があるようです。

日当たりの良い場所で室温10度以上になる場所で管理してみましょう。

翌年には花を咲かせてくれるかもしれません。

ニチニチソウを育ててみた感想

nichinichisou02

8月3日の誕生花はニチニチソウ(白)なのだそうですね。

この日は子供の誕生日ということで苗をもらったので育てています。

ただ、誕生花というのは諸説あって同じ花でも違う日だったりすることもあります。

どれが本当?と思うこともありますね。

実際のところ、あまりたいした根拠はないみたいです。

その季節に開花期があたる花が誕生花となっている場合がほとんどだとか。

あまり、こだわる必要はないのかもしれません。

nitiniti0821

ツボミがほどけるようにして咲きます。

nitiniti0827

ニチニチソウをプランターに植えてから3週間。

基本的に放っておいても花が咲き続けてくれるので手間がかからず楽です。

ただ、種ができないほうがよいというので花がらはこまめに取るようにしています。

厳しい暑さの中でニチニチソウの花が元気に咲いているのを見ると元気がもらえますね。

関連記事
春花壇に何を植える?初心者にも育てやすい花を紹介!
ガーデニング初心者でも育てやすい夏から秋に咲く花

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.