ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

タチアオイ(ホリホック)の育て方

更新日:

タチアオイ

タチアオイは夏になると花が少なくなりがちな
真夏に鮮やかな色の花を咲かせてくれる植物です。

タチアオイの特徴と育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




タチアオイの特徴

アオイ科の一・二年草、または多年草です。

以前は、中国原産と考えられていましたが、
現在は、トルコ原産種と東ヨーロッパ原産種の
雑種と考えられています。

日本でも古くから栽培されていて馴染みのある植物ですね。

夏が近づくと、あちこちで高く伸びたタチアオイを
見かけることも多いのではないでしょうか。

タチアオイという名前は、その真直ぐに伸びる姿から
名付けられたといわれています。

草丈は約1.5~2m。
開花期は7~9月。

一重咲きのものから八重咲きのもの、
花径が5センチ以上になるものや
小ぶりなサイズまで、たくさんの種類があります。

花色も、赤系から赤紫、ピンク、黄色、白など豊富です。

耐寒性、耐暑性ともに強く、丈夫で育てやすい植物です。

タチアオイの育て方

タチアオイの葉

日のよく当たる風通しの良い場所で育てましょう。

土質は特に選びません。

基本的に丈夫でかなりの痩せ地でも大丈夫です。

鉢植えにする場合は、赤玉土7、腐葉土3の割合の土に植え付けます。

庭植えの場合、水やりは特に必要ありません。

鉢植えの場合、水やりは土が乾いていたら、たっぷりと与えます。

ハマキムシやアワノメイガなど病害虫には弱いので、
被害を防ぐには定期的に薬剤を散布するとよいでしょう。

タイアオイの栽培記録

実家から通販で購入したタチアオイの苗を
おすそ分けでもらいました。

タチアオイ スプリングセレブリティーという品種です。

赤紫・桃・黄の花色を1株ずつ。

フリル咲きで開花時期は6~8月だそうです。

草丈が高いと強風で倒れてしまうのが心配ですが、
今回もらったのは矮性タイプ。

草丈は約80センチと、それほど大きくならない
ところがいいですね。

最初、3つの苗を1つの鉢に植え付けようと思っていました。

ところが、説明書をみると株間は50~60cm必要です。

1鉢に1つとすると小屋から適した鉢を探し出さなくてはいけません。

庭に植え付けるとなると、もう少し暖かくて天気の良い日に行いたいと思ってしまいます。

そんな訳で、ポット苗の状態で1週間経過。

早く植え付けないといけないですね。

【追記】
tatiaoi00

◆7月10日開花。
東北地方は梅雨明けしていないのに30℃を
越える暑さが続き、人間は夏バテ気味。

そんな暑さの中、タチアオイは元気に咲き始めました。

花を見ていると、もう夏が来た!という気持ちになります。

◆7月下旬
波トタンのヘイの近くに地植えしていたのですが、強風でヘイが倒れるという事態が発生!

さいわい、タチアオイは無事だったのですが
ヘイを修理するため別の場所に植え替えることに。

移植に弱いときいていたので心配だったのですが…。

植え替え数日後、咲いていた花と葉が枯れてしまいました。

◆8月中旬
新しい芽が出てきました。

地上部が枯れてなくなってしまっていただけに、
株が生きていたことが分かって一安心。
来年が楽しみです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.