ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

百日草(ジニア)の種類と育て方!切り戻し時期と方法は?

更新日:

百日草

百日草(ジニア)は暑さに負けず色鮮やかな花を咲かせ続ける夏花壇にピッタリの植物です。

百日草の特徴や種類、切り戻し時期と方法など育て方のポイント、実際に育ててみた感想を紹介します。

スポンサーリンク




百日草(ジニア)の特徴と種類

百日草

百日草はキク科の一年草で、原産地は中央アメリカです。

開花時期が初夏から晩秋までと長いことから「百日草」と名付けられました。

盆花、仏花として使われることも多いお馴染みの花ですね。

草丈:25~100cm。
花期:5~10月。
花色:赤、ピンク、黄、オレンジ、白、緑、複色

主な種類

ジニアという名前で花壇やプランター、寄せ植えに適した品種も増えて人気があります。

◆ジニア・エレガンス

単に「ジニア」「ヒャクニチソウ」と呼ばれることが多いお馴染みの品種です。
花色は多彩で、咲き方も八重咲き、ポンポン咲き、カクタス咲きなどがあります。

◆ジニア・リネアリス

ホソバヒャクニチソウとも呼ばれます。
名前のとおり葉が細いのが特徴。
一重咲きの花を6~10月の間に次々と咲かせます。

◆ジニア・プロフュージョン

ジニア・エレガンスとジニア・リネアリスを交配して作られた園芸品種です。
花色が豊富で病気に強いのが特徴。

百日草(ジニア)の育て方

百日草

初めて育てる時は種まきから始めるか4月ごろから出回りはじめるポット苗を購入して始めます。

ここでは、種から育てる方法を紹介します。

発芽適温は20℃以上と高温を好みます。八重桜が咲くころ(4~5月)が種まきの適期です。

種まき用の土に5cmm間隔で2~3粒ずつ点まきし種がかくれるくらい土をかけます。

発芽するまでは強く乾燥させないようにしましょう。

芽が出たら徐々に日当たりの良い場所に移動するようにします。

本葉が3~4枚になったら日当たりと水はけのよい場所に植え替えます。

株間は20~30cm位。プランターに植える場合は60cmプランターに3本を目安にします。

日常管理

日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。

日当たりが悪いと花付きが悪くなります。

高温には強いですが過湿や蒸れには弱いです。

長雨に当たらないように管理しましょう。

地植えする場合は雨の日の泥はね防止に株元をバーク堆肥などでマルチングするとよいでしょう。

咲き終わった花はその都度摘み取ります。

水やり

乾燥に強いですが乾きすぎると株全体が弱ってしまいます。

鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

地植えは葉がしおれるようなときに、たっぷりと与えます。

特に夏場は水切れに注意が必要で朝と夕方の1日2回、水やりをします。

葉に水がかかると病気に感染しやすくなるので株元にあげましょう。

肥料

開花期間がとても長いので肥料を絶やさないようにします。

植え付けの際に元肥として緩効性の肥料を混ぜておきましょう。

その後は、固形肥料なら1ヶ月半に1回、液体肥料なら2週間に1回の目安で与えます。

病気

梅雨や秋の長雨時には、うどん粉病が発生しやすいので気をつけましょう。

うどん粉病にかかると生育がおとろえて枯れてしまうこともあります。

発生したら出来るだけ早く殺菌剤を散布します。

百日草(ジニア)の切り戻し時期と方法

百日草

夏も花を咲かせ続けますが、一通り花が咲き終わったころに切り戻しを行いましょう。

蒸れに弱いので梅雨や猛暑の時期に切り戻しを行うと風通しのよい株になります。

一時的に花はなくなりますが秋以降に再び花をたくさん咲かせてくれます。

切る位置は脇芽の上

百日草は花の真下にある葉の脇からは脇芽は出ません。

花の真下の葉より下以降に位置する葉の脇から出てきます。

すでに脇芽が出ていたら、脇芽の上の部分が切る位置です。

一般的に全体の草丈の半分から3分の1くらいになるように切り戻し剪定をします。

百日草(ジニア)栽培記録:育ててみた感想

種からの栽培

夏の切花用に百日草を育てることにしました。

種からでも育てやすいときいて「サカタのタネ ダリア咲き混合」を購入。

種の入っていた袋によると花径10cm、草丈約80cmになるそうです。

青森県で発芽に適した気温になったのは5月中旬でした。

種蒔き:5月19日
発芽:5月24日
植え替え:6月10日
開花:7月16日
開花終了:9月末

7月中旬には咲き始め、夏の間次々と咲いてくれました。

8月下旬になると下葉が茶色く枯れたり、白い粉をふいたような葉が目立ってきました。

調べてみると「うどん粉病」という病気のようです。薬剤をスプレーしました。

9月中旬、まだツボミがついています。

しかし、気温が低くなってきて、これ以上の開花は望めそうにありません。

咲いている花を切りとってから株を抜きました。

初めて百日草を育てて感想は以下の通りです。

【良かった点】
・種が比較的大きいので蒔くのが楽
・発芽するのが早い(種蒔き後5日目に発芽)
・長期間、次々と花が咲くので真夏の花の少ない時期に重宝
・切り花の持ちが良かった
・特に害虫に悩まされることはなかった

【反省点】
・とりあえずといった感じで花壇の空いている場所に植えてしまった
⇒草丈が高くなって他の植物が隠れて見えなくなってしまった

・株間を狭くして植えてしまった
⇒生長すると混み合ってしまい抜いてしまった株もある

今回、切り戻しは一切行わないままで育てました。

開花時の草丈は約60cm、その後8月にかけてぐんぐん伸びて最終的に草丈は1mを超えました。

大きくなりすぎだなぁと思っていたのですが、この点については花が一通り咲いたら地際から3節ほど残してバッサリと切るということで解決しそうです。

百日草は開花期間が長くて、切り花にしても長持ちするので重宝しました。

栽培は初めてでしたが手入れが簡単で育てやすかったですね。

来年は違う品種にもチャレンジしてみようと思います。

苗から育てる

「追記」です。

百日草の苗

ジニアは5月ころになると花つきのポット苗が販売されます。

今回は、苗から育ててみることにしました。

百日草の苗

茎が徒長してヒョロヒョロだったので草丈を半分くらいに切り詰めてから地植えしました。

百日草の苗を地植え

お盆の仏花用に8月に花がたくさん咲いてくれるといいですね。

関連記事
仏花の栽培!お盆や彼岸のお墓参りにおすすめの育てやすい植物は?
夏の切花・お盆用の切花に適した植物
トルコキキョウの育て方

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.