ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

レースラベンダーの育て方!剪定時期や夏越し・冬越しは?

投稿日:

レースラベンダー

シダの様な深い切れ込みのある葉が特徴的なレースラベンダーは
プテロストエカス系のラベンダーです。

暑さ・寒さに弱く初心者向けではないと言われていますが
実際はどうなのでしょうか?

剪定時期や夏越し・冬越しのポイントなど育て方について紹介します。

スポンサーリンク




レースラベンダーとは|特徴

レースラベンダーは、プテロストエカス系のラベンダーです。

原産地:地中海沿岸~アフリカ北部
草丈:60cm~70cm
開花時期:5月~7月、9月~10月頃
花色:青紫色

プテロストエカスという名は花穂が穂状花序という意味からきています。

シダの様な深い切れ込みのある明るい緑色の葉がとても特徴的。

葉がレースの網目のようにも見えるので、プテロストエカス系ラベンダーより
レースラベンダーという名称の方が一般的になっているようです。

イングリッシュラベンダーに比べて香りは弱く、
いわゆるラベンダーの香りはしません。

観賞用に作られた園芸種なので、花姿そのものを楽しむ方が多いようです。

四季咲き性なので、長い期間、花が楽しめます。
春から初夏に咲き、夏場は咲きませんが、秋になると再び開花してきます。

条件があえば、冬でも咲くそうです。

高温多湿に弱いうえに、暑さにも寒さにも弱い種類です。
そのため、ラベンダーの中でも育て方が最もむずかしいと言われています。

初心者でラベンダーを育てるのが初めてという方は、
別の種類を選んだほうがよいかもしれません。

花言葉:「あなたを待っています」「清潔」「優美」

レースラベンダーの育て方

日当たりと風通しのよい場所を好みます。

梅雨の時期は軒下に、冬は屋内へと移動させる必要があるので
鉢植えで育てるとよいでしょう。

用土は、水はけ、保水、肥料もちのよいものが適しています。
自分で赤玉土や腐葉土などを配合してもよいですが
ラベンダー用の土を使った方が簡単で便利です。

水やりは、土が乾いてから、たっぷりと与えましょう。
乾燥気味が好きなので、水をあげすぎないようにします。

寒さに弱いので、冬越しするには軒下に置くか室内で管理します。

さし木で増やすことができます。

病害虫は、アブラムシ、ハダニが発生することがあります。
アブラムシ除けとして根元に粒状の殺虫剤をまいておくとよいでしょう。

レースラベンダーの剪定時期は?

四季咲き性なので、咲き終わった花を摘んで、
その都度、適度に間引き剪定すると、繰り返し花が咲きます。

蒸れに弱いので、梅雨前に収穫を兼ねて刈込んで、風通しを良くしましょう。

1/2~1/3ほどの長さになるまでバッサリと切る強剪定を行います。

夏場は低めですっきりとした株姿にすると夏越ししやすいです。

ちなみに、冬に短く切り詰めると保温効果がなくなって枯れてしまうとか。
冬は、切らず越冬させましょう。

レースラベンダーまとめ

レースラベンダーは、他の種類のラベンダーと違って珍しいので、
育ててみたいなと思う人もいるかもしれませんね。

でも、暑さにも寒さにも弱く、過湿や蒸れにも弱いため、
どちらかといえば上級者向けの種類のようですよ。

ラベンダーを育てるのが初めてなら、寒さにも暑さにも強く
栽培地域を選ばないラバンジン系ラベンダーがよいかもしれませんね。

関連記事
ラベンダーの種類と特徴!初心者が育てやすい品種は?
うさぎ耳みたいな花が可愛い!フレンチ ラベンダーの育て方
ラベンダー畑の名所の見頃はいつ?関東で日帰りできるのは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ハーブ
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.