ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

キバナカタクリ(黄花片栗)の育て方!植え付け時期や方法は?

更新日:

kibanakatakuri

キバナカタクリ(黄花片栗)は日本に自生している
カタクリの仲間です。

植え付け時期など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




キバナカタクリ(黄花片栗)の特徴

ユリ科の秋植え球根で、北アメリカが原産地です。

背丈:10~35cm
花色:黄色、ピンク、白
開花期:3~4月

日本原産のカタクリの仲間で、
別名、西洋カタクリ、エリスロニウムとも呼ばれます。

日本のカタクリと同じように春から初夏の
短い期間にだけ姿を現す植物です。

春先に、芽を出し花を咲かせた後、
梅雨ぐらいには地上部がなくなり休眠します。

秋~冬もそのまま休眠を続け、
翌年の春になると再び、芽を出して花を咲かせます。

日本に自生するカタクリよりも大型で花数が多く
丈夫で育てやすいといわれています。

キバナカタクリ(黄花片栗)の育て方

球根の植え付け時期は10月頃です。

地植えの場合は、5cm程度の深さに植えつけます。

鉢植えの場合も浅めに植えつけず
大きめの鉢を使って深さを確保しましょう。

置き場所は、春先良く日が当たり、
夏場は半日陰になる落葉樹の下などが適しています。

水はけのよい肥沃な用土が好みなので
植え付け前に腐葉土をたっぷり混ぜ込みます。

水やりは、春先~花後まではたっぷりと与えます。

地上部が枯れて休眠したら、
鉢内が乾ききらない程度に水を与えます。

夏場は葉がなくなり休眠するので、
葉のあるうちに肥料を与えるのがポイントです。

花後すぐに有機肥料を施しましょう。

黄花カタクリの植え付けをしました

kibanakatakuri2014

カタクリの花といったら紅紫色だと
思っていたのですが、
黄色のカタクリもあるんですね!

実家からキバナカタクリの苗を貰いました。
黄色の花が咲いている状態です。

「半日陰に植えてね、よく増えるよ」
と言われ、早速、庭に植え付け。

花の形は紅紫色のカタクリとは、ちょっと違う感じがします。

言われなければ、カタクリだとは分からなかったでしょう。

katakuri03

カタクリの仲間とはいえ、日本に自生しているのと
別の種類のように思えたのも、
外国産だったからなのでしょう。

関連記事
カタクリの育て方!花が咲くのはいつ?山菜として食べられるって本当?
スプリングエフェメラルとは、どんな花?意味や種類を紹介!

2009年5月上旬の庭仕事

今年、初の失敗はローズマリーと
シロタエギクを枯らしてしまったこと。

雪融け後の庭で、いつまで経っても
新芽が出てこないローズマリーと
シロタエギクに気がついたときは、
正直言って落ち込みました。

しばらくの間、見て見ぬ振りをしていたものです。

今日、やっと枯れた株を抜き取り処分しました。

原因は何だったんでしょう?

とはいえ、他の宿根草は順調に
芽を伸ばしてくれているのが幸いと
いうべきでしょう。

キバナカタクリという新しい仲間も
増えたことですし…。

これ以上、枯らす植物が出てこないことを
祈るばかり。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-球根植物
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.