ノースポール(クリサンセマム)の育て方

north-pole

ノースポールは冬の代表的な植物です。
冬から春にかけて長い期間、白い花を次々に咲かせます。

寒さにも強いので庭植え、鉢植え、どちらでも楽しめますよ。

ノースポールの育て方や花言葉を紹介します。

ノースポール(クリサンセマム)とは|特徴

ノースポールは、北アフリカ原産のキク科の一年草です。

純白の花びらと中心の黄色の取り合わせが美しい花で、クリサンセマムとも呼ばれています。

開花期は12~5月。比較的寒さに強く、長い期間、花が楽しめるので人気があります。

花壇や寄せ植え、ハンキングなど花の少ない冬のガーデニングには欠かせない植物といえるでしょう。

丈夫でガーデニング初心者でも育てやすく、暖かい地域では秋に種蒔きすれば、防寒しなくても冬越しできます。

ノースポールの育て方

ノースポールは、日当たりと水はけのよい場所で育てましょう。

用土は、鉢植えの場合、市販の花の培養土か赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。
庭植えにする場合は腐葉土を混ぜ込んでおくとよいでしょう。

苗の植え付け適期は10~12月と3~4月です。20~25cm間隔で植え付けます。

水やりは、鉢植えの場合、土の表面が乾いてきたらたっぷり与えます。
庭植えの場合は、ほとんど水を与える必要はありません。

肥料は、植え付ける時に、ゆっくりと効くタイプの肥料を土に混ぜ込みます。
開花中は液体肥料を10日に1回の割合で与えましょう。

花が一通り咲き終わったら、1/3~1/2程度の高さで切り戻します。

病気等ほとんど心配いりませんが、春に暖かくなると新芽やツボミにアブラムシがつきやすいです。
オルトラン粒剤を土の上にまいて予防しておくとよいでしょう。

一度植え付けると、毎年こぼれ種で増えます。

ノースポールの花言葉とは

花言葉は「誠実」です。

ノースポールの花は、一見するとマーガレットによく似ていますね。

違うところといえば、サイズでしょうか。
マーガレットに比べると花の大きさも草丈も小さめです。

ちなみに、ノースポールというのは「北極」のことなんだそうですね。
花つきがよく株全体をおおうほどに白く咲く姿から名づけられたとか。

正式名は「クリサンセマム・ノースポール」といいますが、クリサンセマムとはラテン語の「金の花」という意味に由来します。

花が少ない冬に一鉢あると、その場所だけパッと明るい雰囲気になりそう。
育ててみたい植物のひとつです。