ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

スイートアリッサムの育て方!夏越し・冬越しのポイントは?

更新日:

sweetalyssum

スイートアリッサムは小さな白い花をカーペットのように広がって咲かせる植物です。

スイートアリッサムの種類や特徴、夏越し・冬越しなど育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




スイートアリッサムの特徴

スイートアリッサム

引用:https://www.shuminoengei.jp/

地中海沿岸部が原産地のアブラナ科の植物です。

本来は多年草ですが、高温多湿に弱く夏の暑さで枯れてしまうことが多いです。

そのため、日本では一年草として扱われます。

別名、ニワナズナとも呼ばれます。

草丈は、10~15cm。
開花期は、11~6月。
花色は、赤、白、オレンジ、紫があります。

小さな花を密に咲かせ、ほんのりと甘い香りがします。

上には伸びず横に這うように広がっていきます。

花壇の前列や縁取りに植えるとよいでしょう。

パンジーやガーデンシクラメンと寄せ植えにするのもオススメです。

スイートアリッサムの品種は約100種あるといわれています。

主な品種として
白い花を咲かせる「カーペット・オブ・スノー」。

紫色の花を咲かせる「ロイヤル・カーペット」。

ピンク色の「ロージー・オディ」などがあります。

「スーパーアリッサム」は暑さに耐えれるように改良された品種です。
 ↓ ↓ ↓

スイートアリッサムの育て方

日当たりと水はけのよい場所で育てましょう。

耐寒性は比較的強いですが、霜の降りない場所が適しています。

強い霜にあたると花が咲かなかったり、表面が茶色く枯れてしまったりすることがあります。

移植が嫌いな植物です。

ポットから苗を取り出したら、根鉢を崩さないように、そのまま植え付けましょう。

植え付ける時に元肥として緩効性化成肥料を与えます。

開花中は薄めの液体肥料を2週間に1回程度与えましょう。

水やりは、表土が乾いてから与えます。

蒸れに弱いので風通しをよくし、水のやりすぎに注意します。

咲き終わった花は、花茎のつけ根から切り取りましょう。

春先にアブラムシが発生することがあるので、見つけしだい駆除します。

スイートアリッサムの夏越し・冬越しポイント

◆夏越し
鉢植えの場合は、風通しの良い明るい日陰に置き場所を移動させましょう。

庭植えの場合は、強い日差しと暑さから株を守るために遮光するとよいでしょう。

初夏、花が咲き終わったら草丈の1/3程度に切り戻しします。

無事に夏越しできると、秋にもう一度開花します。

◆冬越し
スイートアリッサムの耐寒の限度は0℃前後といわれています。

雪に埋もれてしまったり霜にやられるなど、寒冷地では戸外の越冬は不可能でしょう。

冬場は鉢植えにして室内で管理しましょう。

暖かい地域では、霜が降りない場所で管理するか、簡単な霜よけを設置すると安心です。

さいごに

スイートアリッサムは花の少ない季節に咲いてくれるので重宝しますね。

雪が積もる寒冷地では、寄せ植えにして屋内で楽しめるのでしょうか?

シクラメンと一緒に育ててみたい植物ですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.