ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

花の数え方!一輪と一本の使い分けは?「輪」を使う理由とは?

更新日:

花束

花の数え方は、一輪、二輪と言ったり、一本、二本と言ったりしますね。

どのように使い分けるのか迷ったことはありませんか?

今回は、一輪と一本の使い分けと「輪」を使う理由を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク




花の数え方!一輪と一本の使い分けは?

一輪の赤いバラ

●花がひとつだけ付いている状態は「一輪(いちりん)」
●切り花は「一本(いっぽん)」
●木の枝は「一枝(ひとえだ)」
●花束になっていれば「一束(ひとたば)」
●花びらは「一片(ひとひら)」

テレビで紹介されていた花の数え方です。

急いでメモったので間違っているかもしれません。

ヤフー知恵袋で調べてみると次のような回答がありました。

【一輪】
バラ、チューリップなど一本の枝や茎に対して花が一つ咲いているもの

【一本】
小菊や梅など木の枝や茎に対して複数の花をつけているもの

※「輪」は花の数で、「本」は茎の数だそうです。

花の数え方で「輪」を使う理由

車輪の置物

辞書を引くと「輪」は車輪や、咲いている花を数えるのに使われると書いてあります。

ネットで「輪」の意味を調べてみました。

・車の輪(車輪)
・車輪のように丸いもの

という意味だったり、「車」そのものを意味することもありますね。

また、

放射状に車輻が順序よく並んだ車輪。
車輪のように平らな円形をしたもの。

という意味があることも分かりました。

花に関連する意味としては、

・花の大きさ(例:大輪)
・花を数える語(例:梅一輪)

があります。

車輪のような形の花があることから花を数える時に「輪」が使われるようになったのかな?

個人的には、そんなふうに思っていますが本当のところはどうなのでしょう…。

調べてみても分かりませんでした。

さいごに

今回は、NHK教育テレビ(Eテレ)の子供向け番組の中で花の数え方が紹介されているのを見て気になったので調べてみました。

普段、何げなく使っていることをこうして改めて教えてもらうと案外、間違った使い方をしているなぁと気づかされますね。

子供に聞かれたときも安心して教えられそうです。

2013年4月中旬の天候

yuki20130419

今の季節、花びらといえば、やはり桜。

近くの商店街に植えてある十月桜という品種の桜が開花したとのニュースもあってソメイヨシノの開花が待ち遠しいところです。

が、今日は雪。

4月中旬なのに雪!です。

すぐに消えましたが一時は地面が白くなるほど降りました。

ようやく咲いた花も寒そうです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑学
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.