夏菊・お盆咲き菊の育て方

kiku201209

一年中、切り花が売られているキクですが、お盆時期になると値段が急に高くなることがあります。

夏の花代を節約するために、夏菊を育ててみてはいかがでしょうか。

夏菊・お盆咲き菊の育て方について紹介します。

夏菊・お盆咲き菊とは|特徴について

キクには多くの品種がありますが、春咲き・夏菊・秋菊・寒菊など開花期によって分けることもできます。

夏菊とは、夏に花が咲く早咲き菊の品種の総称です。

秋に咲く菊は日が短くなると花芽をつける短日性植物であるのに対し、夏菊は日長に関係なく温度によって開花する性質をもっているのが特徴です。

5~6月咲きは最低気温10℃以上、7~8月咲きは15℃以上の気温で花芽をつくり始めます。

夏菊・お盆咲き菊の育て方

夏菊の苗は、6月咲き菊、7月咲き菊、8月咲き菊、お盆咲き菊などの名前で販売されています。

春になるとホームセンターやネットショップで購入することができますが、販売時期が限られているので買い逃さないように、こまめにチェックしたほうがよいかもしれません。

苗を購入したら、肥沃な水はけの良い用土を使い、日当たりのよい場所に植え付けましょう。

肥料は、ゆっくり効くタイプの肥料を月に1回。または、液肥を週に1回与えます。

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう。

8gatuzaki

夏菊・お盆咲き菊を育ててみることにしました

管理人は、キクは全ての品種が短日植物なのだと思っていました。

一年中、切り花が売られていますが、それは、栽培農家さんが人工的に電灯で照らして日の長さを長くしたり、遮光したりして、開花時期を調節して咲かせているのだと…。

春にホームセンターでお盆咲き菊を偶然見つけ、始めて夏菊の存在を知った次第です。

8月咲き小菊というお盆シーズンに咲く小菊の苗は、仏壇やお盆のお供えに重宝しそうです。

夏菊に今まで気がつかなかったのは、キクにあまり関心がなく、じっくり見ることがなかったせいなのでしょう。

5月上旬、お盆のお墓参り用に8月咲スプレー菊のポット苗を3つ購入。鉢植えにしました。

・花色が黄色、一重咲のディーノという品種
・花色が白、一重咲のマルフィールという品種
・花色が白で中心部が濃いピンク、二色咲のグラナという品種

ちゃんと8月に咲いてくれるかどうか、楽しみですね。生育状況については別の記事で紹介していく予定です。

kiku201211

ちなみに、我が家には、誰が植えたものか知りませんが、昔からピンクの小菊があります。開花期は晩秋、初雪の頃。放任状態でも咲いてくれるので重宝しています。

仏壇に供える花代を減らすために、開花期の異なるキクを増やしてみるのもよいかもしれませんね。

⇒ キクに関する記事一覧