ダイモンジソウ(大文字草)の育て方

daimonjisou01

ダイモンジソウの花言葉や育て方、実際に育ててみた感想を紹介します。

ダイモンジソウとは|特徴

ダイモンジソウはユキノシタ科の多年草で日本が原産地。

湿り気のある山陰の斜面や岩場、渓流沿いなどで多く見られます。

草丈は5~40cm、夏の終わりから秋にかけて30cmほどの花茎の上に花を咲かせます。

5枚ある花弁のうち上の3枚が短く下の2枚が長くなっているのが特徴です。

花が開くと漢字の「大」に見えることから「ダイモンジソウ(大文字草)」と付けられました。

別名のイワブキ(岩蕗)やニワブキ(庭蕗)なども葉がフキに似ていることから付けられています。

花の少ない秋に咲くことから山野草の中でも人気がある植物です。

花言葉:自由、好意、不調和、情熱。

品種改良が盛んな植物で、自然では見られないような濃い紅色や八重咲き、切れ込みが入る華やかな花びらや丸い花びらなど、様々な花形の品種があります。

購入するなら秋がよいでしょう。

花が咲きだす秋の彼岸頃から、ホームセンターや山野草専門店などで見かけることが多くなります。

ダイモンジソウの育て方

大きい樹木の元で咲くような植物なので、半日陰を好みます。

春と秋は日当りで、夏は半日陰で管理します。

用土は、水はけのよい土が適しています。山砂や鹿沼土、市販の山野草の培養土を使います。

水はけのよい環境を好みますが、乾燥も嫌います。

鉢植えの場合は、鉢土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。

冬の休眠期は乾燥させない程度に水やりをします。

花が終わったら花茎を元から切り取ります。枯れた葉も随時キレイにします。

肥料は春と秋に緩効性肥料を与えます。

植え替えは2~3月が適期です。

鉢植えは毎年、庭植えは3~4年は、そのままで大丈夫です。

この時、大きく育った株は株分けをします。古い根、古い用土を取って3~4芽程度に分けて植えつけます。

ダイモンジソウの増やし方は、株分けが手軽で一般的です。

種から増やすこともできますが、園芸品種は特に親株とは違う花が咲くことがあります。

daimonjisou00

ダイモンジソウを育ててみた感想

寒さに強く丈夫で育てやすい植物です。寒冷地で、冬の間、屋外に出したままでも冬越しできました。

実は、もらった鉢植えなのですが名前を忘れてしまい、名無しの状態で育てていた植物です。

10月下旬に開花しました。

特徴的な花の形をみて、ようやくダイモンジソウという名前を思い出した次第です。