ベニシタン(コトネアスター・ホリゾンタリス)の育て方

ベニシタンはバラ科の低木で、原産地は中国です。

盆栽として用いられるほか、庭木でも楽しめます。夏に咲く花は小さくて目立ちませんが、秋には赤い実をつけ冬中楽しめます。

とても丈夫なので初心者でも育てやすいでしょう。耐寒性があり、-25℃前後の寒さまで耐えます。

ベニシタンはあまり上の方に伸びることはなく、どちらかというと水平に、地面を這うように成長していきます。グランドカバーとして植えるのもよいです。また、石垣の上から下に垂らすようにするのも見応えがあります。

ベニシタン(コトネアスター・ホリゾンタリス)の育て方

基本的には、日光を好みますが、半日陰でも大丈夫です。水はけのよいところに植えつけます。

剪定には強く、どこで切っても大丈夫です。適期は冬で、剪定の際、特に注意する点はありません。ただ、切りすぎると実つきが少なくなることがあります。6月か10月に挿し木をすると簡単に増やすことができます。

benishitan201207

コトネアスターはバラ科コトネアスター属の総称で、種類が非常に多い樹木です。

コトネアスターの仲間ではベニシタンがよく知られていますが、ベニシタンの別名が単にコトネアスターとなっていることもありますね。正確には、コトネアスターの後ろに何か名前が続くのでしょうが、省略されることも多いような気がします。

例えば、コトネアスター オータムファイヤーとコトネアスター ホリゾンタリス。花や葉の大きさ、棘の有無などに違いがありますが、「コトネアスター(別名ベニシタン)」とだけ表記されていたりします。

私は、最初、コトネアスターとベニシタンは同じものと思い込んでいたので、写真を見て「違う~」と、混乱してしまったものでした。

我が家のベニシタンは庭に植えてあるのですが、赤い実がついて一番の見ごろに雪に覆われてしまうという、ちょっと可哀相な環境にあります。寒さに強い植物なので、鉢植えにすれば冬の間、気温の低い玄関に置いても楽しめますね。

benishitan201306

試しに挿し木してみたところ無事に根付き、ツボミがつき始めました。
開花が楽しみです。