ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

レンギョウの育て方!剪定時期と方法は?

更新日:

レンギョウの花

レンギョウは、春になると枝いっぱいに黄色の花を咲かせる樹木です。

生け垣や公園などで利用されることも多いですね。

レンギョウの剪定時期や方法など育て方のポイントと実際に育ててみた感想を紹介します。

スポンサーリンク




レンギョウの特徴

レンギョウと桜

レンギョウは中国が原産地の、モクセイ科レンギョウ属の落葉低木です。

樹高は1.5~3m。
開花期は3~4月。

春になると枝一面にびっしりと鮮やかな黄色の花を咲かせます。

葉が出てくるのは花が咲き終わってからです。

花の形が黄金の鐘(goleden bell)のようなことから英語では「golden bell flower」といいます。

品種改良によって様々な園芸品種が作られています。

【主な品種】
・シナレンギョウ
・チョウセンレンギョウ
・ヤマトレンギョウ
・ショウドシマレンギョウ

花言葉:期待、希望

レンギョウの育て方

レンギョウの花

日当たりが良い場所が適しています。

半日陰でも育ちますが日照時間が足りないと花付きが悪くなります。

水やりは、庭植えであれば特に必要ありません。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

夏場は水切れを起こさないよう朝と夕方に水を与えます。

鉢植えの植え替えは、2~3年に1回。1月から2月ごろが適期です。

あまり多くの肥料を必要とする植物ではありません。

庭植えの場合は、1月~2月頃に与えます。

鉢植えの場合は、1月~2月頃と花後の5月に緩効性化成肥料を与えます。

害虫の発生はほとんどありません。

暑さにも寒さにも強いので夏越し・冬越しの対策は特に必要ありません。

植え付け・植え替えの適期は落葉期の12月~3月上旬です。

挿し木で増やすことができます。

rengyou2012
※挿し木したレンギョウの鉢植え

増やし方はコチラの記事に書きました。
↓ ↓ ↓
レンギョウの増やし方!挿し木の時期と方法は?

レンギョウの剪定時期と方法

黄色いレンギョウの花

レンギョウは春から伸びた枝に花芽をつけ越冬して花を咲かせます。

花芽は花後の6月中旬頃から夏にかけてつくられるので剪定は花後すぐに行いましょう

夏以降に剪定をすると翌年の花芽を落としてしまうことになるので注意してください。

まったく花が咲かなかったり、花数が減ってしまいます。

生育旺盛で放っておくと枝がどんどん伸びて高さは2~3メートルになります。

大きくなっても構わないのであれば、強く刈り込む必要はありません。

自然な枝ぶりを生かし、混んだ枝や伸びすぎた枝を付け根から間引く程度にします。

枝が古くなると花つきが悪くなります。

4~5年に一度、古い枝を付け根から切り取って枝を更新するとよいでしょう。

また、葉が落ちてしまった冬の時期の剪定は、樹形を乱している不要な枝を切る程度に留めます。

場所が限られていてレンギョウを大きくしたくない場合は、花が終わった直後に付け根から切ることで低い株で花を楽しむことができます。

レンギョウの栽培記録

rengyou01

レンギョウを庭植えで育てています。

特に病害虫もなく丈夫なので手間がかかりません。

放っておいても花を咲かせてくれます。

ただ、どんどん枝がのびて大きくなってしまうのが悩みのタネ。

塀の近くに植えているため剪定作業は欠かせません。

以前、剪定時期を間違えて大失敗したことがありました。

レンギョウの枝が夏の間に伸びすぎて混みあってきたため、秋に思いっきり強く剪定してしまったのです。

当然のことながら、翌年の春、花はほとんど咲きませんでした…。

花芽ができる時期なんて考えたこともなかったんですよね。

秋以降の剪定は花芽をつけた枝を切りやすいです。

どうしても秋に剪定したいという場合は樹形を乱している枝の整理だけ、軽くそろえる程度にとどめることが大切だということがこの失敗でよくわかりました。

関連記事
れんぎょう忌(連翹忌)
春に咲く黄色い花の名前|花色に黄色が多い理由とは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.