ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

レンギョウの育て方!剪定時期と方法は?

投稿日:2007年9月8日 更新日:

rengyou01

レンギョウは、春になると枝一面に黄色の花をびっしりとつけます。

生け垣や公園でも利用されることが多いですね。

この記事では、レンギョウの育て方と剪定時期、実際に育ててみた感想を紹介します。

スポンサーリンク




レンギョウの特徴

レンギョウは、モクセイ科レンギョウ属の落葉低木、中国が原産地です。

属名のForsythiaはスコットランドの園芸家ウィリアム・フォーサイスにちなんで付けられました。

花の形が、黄金の鐘(goleden bell)のようなことから、英語では「golden bell flower」といいます。

樹高:1.5~3m
開花期:3~4月
花色:黄色

春になると黄色の花を咲かせ、葉が出てくるのは咲き終わってからです。

地面に枝が付くと根がでて繁殖するくらい、繁殖力が旺盛です。

品種改良によって様々な園芸品種が作られています。

有名な品種には、シナレンギョウ・チョウセンレンギョウ・ヤマトレンギョウ・ショウドシマレンギョウがあります。

花言葉:期待、希望

レンギョウの育て方

黄色いレンギョウの花

日当たりが良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます。

水やりは、庭植えであれば特に必要ありません。
鉢植えの場合は、夏に水切れを起こさないよう、朝と夕方に水を与えます。

鉢植えの植え替えは、2~3年に1回。1月から2月ごろが適期です。

挿し木で増やすことができます。

長く育てていると、樹全体の勢いが弱くなって、花つきが悪くなります。

花つきを良くするためには、5年に1回ぐらいの周期で3分の1程度まで
切り詰めるとよいでしょう。

害虫の発生はほとんどありません。

レンギョウの剪定時期

レンギョウは、放っておくと枝がどんどん伸びて高さは2~3メートルになります。

大きくなっても構わないのであれば、レンギョウの剪定は
花後に混んだ枝や伸びすぎた枝を付け根から間引く程度にします。

しかし、場所が限られていてレンギョウを大きくしたくないということもあります。

その場合の剪定は、花が終わった直後に付け根から切ると、いつも低い株で楽しめます。

レンギョウは、春から伸びた枝の頂芽や側芽に花芽をつけ、越冬して開花するタイプ。

花芽が形成された後に剪定をすると、まったく花が咲かなかったり、花数が減ってしまいます。

剪定時期には注意しましょう。

剪定に適した時期は、3~4月と12~1月です。

rengyou2012
※レンギョウの鉢植え。挿し木したら根付きました

レンギョウを育ててみた感想

レンギョウを庭植えしています。

特に病害虫もなく、丈夫なので放っておいても、問題なく育ちます。

ただ、どんどん枝がのびて大きくなってしまうのが悩みのタネ。

定期的な剪定が必要ですね。

ところで、以前、剪定時期を間違えて大失敗したことがあります。

レンギョウの枝が夏の間に伸びすぎて混みあってきたため、
秋に思いっきり強く剪定してしまったのです。

当然のことながら、翌年の春、花は、ほとんど咲きませんでした…。

初心者なので、花芽ができる時期なんて、考えたこともなかったんですよね。

秋以降の剪定は花芽をつけた枝を切りやすいです。

どうしても秋に剪定したいという場合は、

花芽のない枝や樹形を乱している枝の整理だけ、

軽くそろえる程度にとどめることが大切だということが

この失敗でよくわかりました。

関連記事
挿し木したレンギョウの植え替え
れんぎょう忌(連翹忌)
春に咲く黄色い花の名前|花色に黄色が多い理由とは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.