ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

金魚草(キンギョソウ)の育て方!種まきや切り戻しの仕方、挿し木の方法は?

更新日:

kingyoso

金魚草(キンギョソウ)は花の形が金魚のようにみえる
のが特徴の植物です。

種まきや切り戻しの仕方、挿し木の方法など
育て方のポイントを紹介します

スポンサーリンク




金魚草の特徴

金魚草

地中海沿岸が原産地、ゴマノハグサ科の植物です。
(オオバコ科に分類されることもあります)

多年草ですが、高温多湿の蒸れに弱いので
1年草扱いにすることが多いです。

品種がとても多い植物で、同じ金魚草でも
品種によっては全く違った印象を受けます。

草丈は1m以上になるものから小型のものまで。

花色も豊富で、赤や黄色・白・紫など多彩です。

開花期は5~6月と10月ころですが、
年間を通して花が楽しめる四季咲き性の
ものも多くなりました。

名前は花の形が金魚に似ていることから付けられました。

英名では竜に見立ててスナップドラゴンと呼ばれます。

小型の品種は寄せ植えや花壇に。

草丈が高い品種は切り花やボーダーガーデンの
後方に向いています。

丈夫で育てやすいこと、長い間楽しめること、冬の寒さに強いこと
などから初心者にもオススメの植物です。

金魚草の育て方

日当りと水はけの良い場所を好みます。

秋から冬にかけては日照時間が短くなりますが、
プランターや鉢植えの場合は1日3~4時間は
日が当たるようにしましょう。

暖かい地方ではベランダなどの日当たりの
よい場所でも冬越しできます。

氷点下になる日が続くような寒さの厳しい
地方では、冬の間は室内の日当たりの
よい場所に置くようにします。

雨で花が傷みやすいので、梅雨時は雨の当たらない
ところに移動させると花を長く楽しめます。

水やりは土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。
寒い時期は、水やりを控えめにします。

花がらはこまめに摘むようにすると
花を長く楽しむことができます。

咲き終わった花茎を切り取ると、
春には新しいものが数本伸びてきます。

それまでは月に1~2回、液肥を与え、暖かくなったら
月に1回化成肥料を与えるとよいでしょう。

種まきや切り戻しの仕方、挿し木の方法は?

種まきの適期は春と秋です。

育苗ポットなどに土を入れ、種をまきます。
この時に、土をかぶせないのがポイントです。

日当たりと風通しの良い場所で管理します。

発芽適温は18~20℃ぐらい。
おおよそ7日くらいで発芽します。

本葉が7~8枚になったら植え付けができます。

挿し木(挿し芽)で簡単に増やせます。

5月や10月ごろが適しています。

5~6cmくらいの長さで茎を切ります。

茎の下のほうについている葉を落とします。

赤玉土などの用土に挿して、明るめの日陰に置きます。

芽が十分に伸びてきたら、植え付けます。

枝が混んできたり、草姿が乱れてきたら、切り戻しをしましょう。

梅雨前に一度、切り戻すと、蒸れ予防になるので、
夏越ししやすくなります。

切り戻し位置は、根元から15cmを残すくらいです。

さいごに

金魚草は、名前のとおり、金魚みたいな花を
つける姿がとても可愛らしいですね。

鉢植えで育てると置き場所を変えられるので、
初めて金魚草を育てるならおすすめです。

ちなみに、種子が髑髏(ドクロ)に似ている
という話がネットで話題になったことがあるそうです。

実際は、種子は普通の形で、ドクロにみえるのは
種子が入っている部分のことだそうですよ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.