ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

インパチェンスの育て方!室内で冬越しさせるポイントは?

更新日:

インパチェンス

インパチェンスは春から秋にかけて長い期間花を咲かせてくれる植物です。

北向きのベランダなど日当たりの悪い場所でも育つのが嬉しいですね。

苗の植え付けや冬越しなど基本的な育て方を紹介します。

スポンサーリンク




インパチェンスの特徴

インパチェンス

熱帯アフリカが原産、ツリフネソウ科の一年草です。

別名、アフリカホウセンカとも呼ばれます。

草丈は、15~40cm。
開花期は、5月~11月上旬。
花色は、白・赤・ピンク・オレンジなどがあります。

花の咲き方には、一重、半八重、八重咲きがあり、バラ咲きは特に人気が高い品種です。

生育が早く、ドーム状に盛り上がった株いっぱいに花を咲かせる姿はとても豪華。

北向きの玄関や日陰の花壇など日当たりの悪い場所でもよく育ち、寄せ植えやハンギングにも利用されます。

品種

代表的な品種には「カリフォルニアローズ・フィエスタ」シリーズがあります。

まるで小さなバラのような花と自然にこんもりとまとまる草姿のバランスが美しいです。

新品種のガーデンニューギニア インパチェンスは真夏の直射日光と梅雨の長雨にも強いので日本の気候にもピッタリ。

大輪でたくさんの花を咲かせ、分枝よくこんもりとした草姿に育ちます。

インパチェンスの育て方

インパチェンス

種まきから育てられますが初心者は苗を購入して育てた方が簡単ですし早く花が楽しめます。

日陰でも育ちますが、もともと日光を好む性質です。

春と秋は日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。

ただし、夏は半日陰になる場所へ移動させます。

一年草なので、冬越しは基本的にできません。

一重咲き品種は花壇でも育てられますが八重咲き品種は雨に弱いので鉢植え栽培向きです。

水やり

鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぶりと与えます。

地植えの場合は葉と花にやや張りがなくなってきたころが水やりのタイミングです。

肥料

次々と花を咲かせている間は化成肥料や液肥を与えましょう。

肥料が不足すると、葉が薄い黄緑になります。

インパチェンスを冬越しさせるポイントは?

インパチェンスはもともと多年草ですが寒さに弱いため日本では冬になると枯れてしまいます。

そのため、一般には春まきの1年草として取り扱われています。

ただし、栽培環境が整えば冬越しできる可能性もあります。

・冬は室内に取り込んで明るい場所で管理します。
・気温は5~10℃をキープします。

冬でも15℃以上になると花を咲かせます。

さいごに

暑さにも負けず花を咲かせてくれるインパチェンスは夏花壇にピッタリですね。

バラ咲き品種が特に人気がありますが、暑さや雨にも強いという新しい品種も販売されています。

花が咲き続ける植物は、花がら摘みが面倒だったりしますよね。

楽天市場のレビューをみていたら、花がら摘みをしなくてもいいインパチェンスもあるようですよ。

好みに合った品種のインパチェンスをみつけてたくさんの花を咲かせましょう。

関連記事
インパチェンスの切り戻し時期と挿し芽で増やす方法は?
春花壇に何を植える?初心者にも育てやすい花を紹介!
ガーデニング初心者でも育てやすい!夏から秋に咲く花は?
ガーデニング初心者でも育てやすい!秋から冬に咲く花は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.