ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

庭木

鉢植えバラの葉が夏に落ちる!原因と対策は?

投稿日:

白いバラの花

鉢植えにしているバラの葉が夏になると
黄色になって落ちてしまうことがあります。

考えられる原因と対策をまとめてみました。

スポンサーリンク




バラの葉が夏に黄色になって枯れる原因

バラのトゲ

考えられる原因には次のようなものがあります。

・夏の暑さ
・水不足
・根腐れ
・根詰まり
・鉢が小さい
・肥料やけ
・黒星病(黒点病)などの病気
・コガネムシなどの害虫

バラの葉が枯れるときの対策

原因はさまざまあるので、ひとつずつチェックしてみましょう。

【夏の暑さ】
鉢内の温度を下げる対策が必要です。
すのこやレンガ、ブロックなどの
上に置き、鉢底に隙間をつくりましょう。

夕方に水やりするときは、鉢の側面にも
水をかけて鉢土を冷やしましょう。

バラの鉢に直射日光が当たらないよう、
他の植物の鉢を寄せて置くのもおすすめです。

【水やり】
葉が黄色味がかってきたら、水不足の証拠です。
乾燥で根が傷んでしまうと
1週間から10日ほどたってから、
葉が黄色くなって落ちてしまうこともあります。
朝夕たっぷりと水を上げましょう。

【根詰まり】
根詰まりすると葉が落ちます。
根をいじらないよう気をつけて
2回りほど大きな容器に植え替えましょう。
冬に葉が落ちたら、根を崩して新しい土で植え替えます。

【肥料やけ】
厳しい暑さが続くとバラは休眠状態に
なってしまうこともあります。
休眠状態のバラに春と同じように施肥を行うと、
根がダメージを受けて肥料やけを起こしてしまいます。
7~8月は、規定量の1/3に減らして、肥料をやりましょう。

【黒星病(黒点病)】
黒褐色の斑点ができ、徐々に黄色くなって
落葉するのが黒星病です。

定期的に殺菌剤を散布しましょう。

【ハダニ】
ハダニは葉裏について樹液を吸う虫です。
発生すると葉に元気がなくなり
全体的に白っぽくなって、放っておくと落葉します。

専用の駆除剤を散布して退治します。

さいごに

バラの葉が次々と黄色になって落ちていくと
本当に心配になりますね。

特に猛暑で気温35度を超えてしまうような日は
暑さによるダメージも大きいです。

一口に葉が落ちるといっても、
黄色になってから落ちる、
ぐったりとしおれてから落ちる
などのパターンがあります。

また、黒い点々が葉に現れることもあります。

どんな風に葉が枯れてきたのか、
こまめにチェックして早期発見、早期対策を
していきましょう。

関連記事
バラの夏剪定!時期や方法のポイントは?剪定してはいけない品種は?
バラの夏バテ予防対策!夏バテした株を復活させる方法は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.