本物のクリスマスツリーの正体は?木の種類や名前を紹介

christmas-ueki

本物のクリスマスツリーに使われる木には、どんな種類があるか、ご存知でしょうか?

クリスマスツリーに天然の木を飾ってみたいと思っても、名前が分からないと迷ってしまうこともあるかもしれませんね。

日本で多く使われる木の種類や名前を紹介します。

クリスマスツリーの木の種類と名前|日本で多い種類は?

一年を通して緑の葉をつけ、冬でも枯れることがない常緑の針葉樹が使われます。

◆日本で多く使われている木
・ウラジロモミ(日本原産)
・モミ(日本原産) ⇒ウラジロモミと区別するためホンモミとも呼ばれます
・ドイツトウヒ ⇒一番多く使われています
・シラビソ(日本原産) ⇒別名シラベ
・ゴールドクレスト ⇒よく似た品種にウィルマがあります
・オレゴンモミ、ノーブルモミ

ちなみに、ヨーロッパではヨーロッパモミを主流にコーカサスモミなどが有名です。

クリスマスツリーの選び方

樹形や大きさ、飾り付けやすさなどを基準に選ぶとよいでしょう。

マンションであれば、あまり大きな木は飾れません。

育てていたら予想以上に大きくなって困った、ということがないように成長が遅い種類を選ぶというのもよいかもしれません。

翌年になって枯らしてしまうことのないように、育て方、手入れの仕方などもチェックしておきましょう。

針葉樹は夏の暑さや蒸れに弱いので注意が必要です。

関連記事
もみの木の育て方|鉢植えを枯らさない手入れ方法とは
ドイツトウヒの育て方|クリスマスツリーで飾った後はどうする?
ウラジロモミの育て方|人気のクリスマスツリーは日本原産!
観葉植物ゴールドクレストの育て方(室内・鉢植えの場合)
鉢植えのコニファーが枯れる!夏越しのポイントと冬の管理
簡単なクリスマスリースの作り方(100均グッズや自然素材で手作り)

christmas-tree01

外国では本物の木のクリスマスツリーを飾るのが主流

日本では、人工のクリスマスツリーを飾る人が圧倒的に多いかもしれませんね。

しかし、ドイツやイギリス、アメリカなど外国では生木のクリスマスツリーを飾るのが一般的だそうですよ。

シーズンになると、生木のクリスマスツリーが根がついていない状態で売られているそうです(それを立てるための器具もあります)。

例えば、ドイツではクリスマスツリーの飾りつけは24日に行ない1月6日まで鑑賞するとか。

持ち帰ったツリーは24日まで庭やバルコニーなど寒いところに置いておきます。

寒い気候で育つ木なので寒さには強いのですが、暖かい部屋では1週間~10日程度しか持たないそうです。

地域によってはクリスマスが終わると生木は決められた捨て場に持っていかなければならないらしいです。

捨ててしまうなんて、もったいないというか、木が可哀相な気もしますが、それが、その国の文化なのでしょうね。

christmas-tree02

アメリカの北西部では、クリスマスツリー・カッティングという制度があるそうです。

これは、クリスマスツリー・ファームと呼ばれているツリー専門の植木屋さんに行って、自分で実際にツリー樹林を歩いて好みの形とサイズのツリーを鋸を借りて切り出し ツリーの長さ(高さ)によって料金を支払うというもの。

そのツリーを車に積んで自宅に持ち帰り設置するというのですからスケールが大きな話ですね。

ツリーの種類は、ダグラス・ファー、ホワイト・パイン、バルサム・ファーなど。

全米クリスマスツリー協会によるとクリスマスツリーの種類は59もあるのだそうです。

ちなみに、この協会主催のツリーのコンテストの優勝者はホワイトハウスにツリーを献上できるのだとか。

ホワイトハウス御用達というのは全米のツリー農家にとっては最も名誉なことのようです。

クリスマスツリーに使われる木の種類に注目してみると、お国柄が現れていて興味深いものですね。

クリスマスツリーの木の由来

もともとクリスマスツリーは、クリスマスのために飾り付けられた木のことです。

針葉樹が使われるのは、冬の間も緑を保つことから強い生命力の象徴とされたためだといわれています。

クリスマスツリーにもみの木が使われる由来は諸説あります。

アダムとイブに出てくる「知恵の樹」として冬に葉が落ちてしまうリンゴの木の代わりに常緑樹のモミの木が使用されたという説。

また、もみの木には病気を治す力があるという言い伝えに由来するという説などさまざまです。

クリスマスツリーの木の種類 おまけ

クリスマスソングの定番「モミの木」という歌はご存知でしょうか。

管理人は、クリスマスツリーといえば「モミの木」となんとなく当たり前に思っていました。

もしかしたら、クリスマスソングの定番「モミの木」という歌の影響かな?などと思っています。

この歌、もとはドイツ民謡だそうです。

英語にも訳され、日本でも10種類以上の訳詞があるそうですよ。

訳詩のひとつを紹介します。私が覚えているのも、この歌ですね。

◯中山知子・作詞

もみの木 もみの木 いつも緑よ
もみの木 もみの木 いつも緑よ
輝く夏の日 雪降る冬の日
もみの木 もみの木 いつも緑よ

もみの木 もみの木 こずえ静かに
もみの木 もみの木 こずえ静かに
喜び悲しみ やさしく見守る
もみの木 もみの木 こずえ静かに

もみの木 もみの木 繁れ豊かに
もみの木 もみの木 繁れ豊かに
雨にもくじけず 風にも折られず
もみの木 もみの木 繁れ豊かに

(参照URL)
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html

本物の木のクリスマスツリーを飾って、楽しいクリスマスを過ごしたいですね。