サクラソウ(日本桜草)の育て方

サクラソウ(日本桜草)はサクラソウ科の耐寒性多年草で日本・中国・シベリアが原産地です。江戸時代に改良が始まり日本を代表する園芸草花となりました。

草丈は20~40cm、開花期は4~5月、花の色は淡紅・紅・紫・白・絞りがあります。丈夫なので初心者にも育てやすい植物です。

日本桜草

サクラソウ(日本桜草)を鉢植えで育てる

真夏以外は日当たりのよい場所で育てます。暑い時期は日陰に鉢を移動して水切れさせないように注意しましょう。寒さには強いので、植え付け直後を除き、防寒対策は特に必要ありません。

用土は、小粒の赤玉土6:腐葉土4程度の割合で混ぜたものを使います。しかし、他の草花が育つ用土であれば、ほとんどのものが使えます。

ビニールポットに植えられた苗や開花している株を購入した場合は、ポットの土を崩さないようにして植え替えます。購入した苗はすぐに植え替えます。

しかし、ツボミが付いていたり花が咲いているものを植え替えると、花を傷つけてしまうかもしれないので咲き終わってから植え替えましょう。

水やりは土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。

葉が枯れている休眠期は生育期ほど水を必要としませんが、完全に乾燥すると芽が枯れてしまうので、鉢の土の表面が乾いたら水やりします。

秋から冬の間は、土の表面が乾き始めてきてから2~3日以内に水やりする程度でもよいです。

開花中は雨や直射日光を避けて軒下などに置くようにすれば花が長く楽しめます。花が終わったら花がらは折り取りましょう。

肥料は、花が咲き終わってから葉が枯れてくるまでの間、1~2週間ぐらいに1回、液肥を施します。

植え替えは毎年行ないます。適期は11~12月上旬頃か1月下旬~2月頃です。鉢植えでは、2cmくらい土をかけて軽く押さえます。後で増し土をするので、土の面が鉢の縁から2.5cmくらい下になるように植えましょう。

サクラソウ(日本桜草)を地植えで育てる

日当たり~半日陰の場所に植え付けます。この時、腐葉土や堆肥などを少し混ぜるとよいでしょう。

水やりは特に必要ありません。肥料も特に必要ありません。3~4年たったら植え替えします。適期は鉢植えの場合と同じです。

増し土とは
日本サクラソウは花が咲き終わる頃から初夏にかけて、根茎や芽(翌年の葉や花になる新芽)が伸びてきて鉢土の表面に出てしまいます。

これをそのままにしておくと芽が弱ったり枯れてしまうことがあるので、根茎や芽を覆い隠すように土を足さないといけません。この作業を増し土といいます。

我が家のサクラソウ

sakurasou20130924
※根茎が出たサクラソウ

根茎や芽が見えたら早めに、土に隠れて見えなくなる程度(1~2cm)に増し土します。その後も根茎や芽が伸びてきたり水やりで土が流れてしまったりして、根茎や芽が見えるようになってきたら増し土をします。

sakurasou20130513
※サクラソウ 5月中旬撮影

sakurasou20130525
※サクラソウの花 5月下旬撮影

咲き終わったサクラソウ
※花の咲き終わり 6月上旬撮影

サクラソウのタネ
※ 7月1日撮影
 咲き終わったあとの形が可愛いので、そのままにしておいたら中心部が茶色に枯れてきました。たぶん、タネですよね?今まで確認したことがなかったのでタネのことは全く考えていませんでした。根茎や芽だけで増えるとばかり…。地植えだったら、こぼれダネでも増えていたのかもしれません。

sakurasou7gatu
※花後のサクラソウ 7月撮影

我が家のサクラソウは、鉢植えと地植えがあります。根茎や芽については気になっていたのですが…。土の表面に出てきたのをそのままにしておいても毎年花が咲くのでほったらかしにしていました。

先日、何年も植え替えをしていないサクラソウの鉢をひっくり返してしまって(ドジです)、育て方について調べてみたのですが、増し土のことを知りビックリです。

ずいぶんと乱暴な育て方をしていたものですね。

それでも枯れない我が家のサクラソウに敬意を表しつつ、早速、植え替えをしました。地植えのサクラソウも増し土をしてあげなければ…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ